福岡イベント情報

イベント情報カレンダー

スポンサードリンク

櫛田神社近くにオープン。博多つけうどん 忍々

2010.8.9更新


櫛田神社の斜め向かいに、新しくうどん屋さんがオープンしています。
「博多つけうどん 忍々」です。


プレオープン数日を経て、先日グランドオープン。
8月8日(日)までは開店記念の2割引でした。 日曜日の昼に家族と行ってきました~。


私は写真がないのですが、いろんな方がブログ等に載せているので、
検索してみてくださいね。


店名にもある「つけうどん」は、
鴨つけがイチオシと書いてあって、他に同じ値段で牛と豚もあります。
小盛(1玉)590円、普通盛(1玉半)690円、大盛(2玉)790円。


サイドメニューが白飯・たまごかけご飯・ギバサかけご飯しかないので、
うどんに集中したいカンジです。
プレオープンのときは白飯だけだったみたいなので、
このメニュー構成もまた変わるかもしれません。
ギバサって、秋田地方の海草だそうです。
(きざんでトロトロ状態でゴハンにかけるんだろうなあと勝手に想像)


鴨つけと、かきあげぶっかけをオーダー。
麺は包丁切りの形ですが、博多らしくもっちり系。
ぶっかけのつゆの色が薄いのが印象的でした。
鴨つけのほうは甘め薄めのつゆで、レモンが浮いているのがポイントです。
後から生姜湯を出してくれるので、つゆを割って楽しむことができます。
甘い生姜味が、どことなく近くの肉肉うどんを思い出させます。


私がいたときは、お客さんが次々にやってきました。
日曜のこのあたりは(おまけに猛暑!)人通りが少ないのにね。


店内は広めの4人がけテーブル4つと、カウンター4~6席程度。
テーブルは壁面がベンチシートで、テーブル間が広いので、使いやすそうです。
無理すれば5人組でも座れるかな。


でね、ここ、すごーく不思議なお店だったんです。
誰も慣れた人がいない!?…みたいで。


オープンキッチン内はバイトなのか若い人が4人ほど。
そして年配の男の人と女の人が接客。
男の人が厨房にあれこれと指示を飛ばしてました。
でも接客は2人とも慣れないようで、ちょっとした間違いもあったりして
アタフタなカンジでした。
慣れてないもので~みたいな言葉も聞こえたし。
そのうち落ち着くだろうなとは思うのですが、
素人さんばかりでオープンしたの??とすごく不思議。
(この店に限った話じゃなく、
そういうお店ってすごく多いのが不思議。)


ショップカードもなかったし。
なんだかいろいろ「まだプレオープン」感が漂ってます。
イヤなカンジじゃないんだけど。


麺やつゆの味は業務用ってカンジで、安定してこの味が出てきそう。
かきあげはやや揚がりすぎな気が私はしたんですが、
さつまいもとかかぼちゃとか、野菜が細く刻んであるので大失敗はなさそうです。
全体的に、お店のスタッフが慣れてきたらどんどん良くなりそうです。
量販店的な味だけど、この場所でこの安さなら充分アリだし。
これからも続く暑い夏の日に、チュルリとすすりたいうどんだなあと思いました。

■日時

福岡市博多区冷泉町7-7
(櫛田神社前の通りに面してます)
営業時間 11:00~20:00
(とチラシに書いてあったけど、状況を見て変えるんじゃないかと思います!)




大きな地図で見る

関連リンク

他の情報も見る
【福岡アンテナ】今月掲載した福岡情報
寄り道情報
【福岡アンテナ】福岡イベント情報カレンダー

スポンサードリンク