福岡イベント情報

イベント情報カレンダー

スポンサードリンク





福岡市の国民健康保険料(計算方法・免除等)

2011.6.29/2013.6.18更新

【ご注意】内容に間違いや変更があるかもしれません。必ず公的な発表でご確認ください。


福岡市の国民健康保険料の通知書(納付書)が、今年2013年は6月18日(月)に届きました。
保険料の金額は、自治体によって異なります。福岡市の場合について関連情報をご紹介します。

国民健康保険とは?

国民健康保険とは、自営業者・退職者・無職・パート(職場で加入していない人)などを対象にした医療保険制度です。 職場の健康保険や後期高齢者医療制度に加入している人、生活保護を受けている人などを除いたすべての人が加入しなければなりません。(国民皆保険) 加入者は、病院窓口での支払いが、実際にかかった費用の3割を負担するだけで済みます。(←正確にはもっと細かい規定があります)
運営は市町村で行われるので、福岡市に在住している人は、福岡市の国民健康保険に加入します。

福岡市の保険料は高い?

国民健康保険は、運営する市町村によって加入者が支払う保険料の金額が異なります。 国民年金の保険料が全国・全員・同じ金額なのとは対照的ですね。 福岡市の保険料は、他市に比べて高いと聞くこともありますが、実際に高いのかな?安いのかな?


ちなみに、近隣の春日市や大野城市などは「保険料」ではなくて「税金」として徴収するようです。 (「国民健康保険税」として、加入者のいる【世帯】に課税されます。)



福岡市の保険料は、所得金額が確定する6月に算定を行っており、 1年分(4月から翌年3月)の保険料を、6月から翌年3月の10回で支払います。 保険料には上限があり、2013年の場合は年間77万円が上限(かな?)です。 年払いができたら便利かな、とも思いますが、そういう制度は無いみたいですね?

福岡市の国民健康保険料は、こんな計算です
福岡市の国民健康保険料

※上図は福岡市のサイト(⇒こちら)で確認してください。(参考データ:⇒2011年の計算方法


国民健康保険料には「減額・減免・軽減」の制度があります。 所得が基準以下の場合の減額・非自発的失業者に対する軽減・災害、失業、倒産、その他事情がある場合に申請による軽減があります。 (詳しい規定は公式サイト等で確認してください)

年間の保険料は、一番高い人で770,000円、安い人で(特別な事情がなければ)18,100円といったカンジですかね・・でも、年間18,700円ならまだ払えそうな気がしますが、数十万円の所得があれば、すぐに7~8万円程度にハネ上がるのが怖いですねえ・・・。 また、子どもに対しても人数分の保険料がかかるので、家族の人数が多い人ほど金額が上がります。 なお、保険料の金額は福岡市のサイトで試算できます。(xlsファイル使用)


★詳しくはこちら ⇒ 福岡市 みんなの!国保・医療・年金

専業主婦が夫の扶養から外れた場合は?

専業主婦の私が、サラリーマンの夫の扶養から抜けた場合は、 扶養の間は払わなくて良かった費用が必要になります。 具体的には【「年金180,480円」+「健康保険18,100(年齢により23,200)円」】が
必要になるんですね~。約20万円かー。ひぇー。(金額は2013年度)ただ、これだと、病気の際の負担金や将来の年金額は、扶養家族として払わない場合と同じなのですよね~。


しかも、上記の「約20万円」は収入が0の場合であって、例えばパート給与で年間130万円稼いだら、 健康保険が100,000円程度にハネ上がって「約30万円」になってしまいます。受け取るパート代が「給与」に分類されない性質なら、もっと低い収入でもハネ上がります。 「働き損」という言葉があるのも、うなずけるのかもしれません・・。


もちろん、払うのが当たり前で、払っていない専業主婦が優遇されているだけという考え方もあると思いますし、 それに関する意見は様々かと思いますが、確実に言えることは【夫の扶養に入っている専業主婦がパートを始めるときは、 収入金額に要注意】ということですね。


特に気をつけたいのは、「夫の扶養に入っている」と言っても・・・
▼夫の健康保険に扶養家族として加入している
▼夫の所得税の計算の際に、配偶者控除を受けている
▼夫に家族手当が支払われている
のそれそれで「扶養」の基準が同じとは限らない、ということだと思います。 「年間103万円」などと気を付けていても、健康保険の扶養家族になれない場合もありえます。 気づかずに(知らずに)いたら、後々になって、 病院の支払いが遡って全額自己負担になったり、家族手当を返還したりなんてことも、あるかも・・・!?

保険料を、安くする裏ワザ

「自分は健康で、病院に行くことはめったにないのに、こんなに高い健康保険料を取られるのはもったいない」と 考える人がいます。 そういうときに、安くする裏技として検討されるのが、同種同業者で組織されている「国民健康保険組合」に加入することです。 九州では、医師、歯科医師、薬剤師が、職種ごとに組織されているようです。他の職種では全国対象の組合もあります。 福岡在住では加入できませんが、芸能人らを対象にした「東京芸能人国民健康保険組合」なんて団体もあります。 全国対象の「文芸美術」に加入資格はあるかなあ・・なんて考えたりして。


これらの組合は、保険料が国民健康保険に比べて安かったり、金額が一律だったりするので、 加入者の条件によっては保険料を大幅に安くできる可能性があります。※その一方で、所属団体に加入する費用が必要な場合もあるかもしれません。


★参考リンク ⇒ 社団法人 全国国民健康保険組合協会

国民健康保険の加入者って、どのくらいいるの?
福岡市の国民健康保険料


厚生労働省のサイトの「我が国の医療保険について」に、さまざまなデータが載っています。 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken01/index.html



関連リンク

詳しくはこちら
福岡市 みんなの!国保・医療・年金
参考リンク
日本年金機構
他の情報も見る
【福岡アンテナ】今月掲載した福岡情報
寄り道情報
【福岡アンテナ】福岡イベント情報カレンダー

スポンサードリンク