福岡イベント情報

イベント情報カレンダー

お気軽にどうぞ

スポンサードリンク









フリーランスのための超簡単!青色申告

2013.1.28更新

画像


書籍「フリーランスのための超簡単!青色申告」
【2012-2013年度版】を購入しました。


★最新版の書籍情報はこちら
【2013-2014年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows版)


★古いほうの書籍情報はこちら(こちらを買いました)
【2012-2013年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows版)



この本、とても良かったです!!!


※「良かった」というのは、
「私が見た範囲の他の本(や講座)に比べると、格段に良かった」という
相対評価になります。
だから、もしかしたら、世の中にはもっと良い本があるかもしれません。
そのときはぜひ教えてください!!


なお、以下に載せるのは、
【「もしも作成するとしたら、どうすればいいのかな?」という立場での感想】です。
確定申告は、瑕疵なくミッションを完遂するのが目的なので、
本来であれば、完遂の日(っていつだろう?7年後?)まで正確な評価はできません。
ですから、以下はあくまでも「こういう視点がある」という
参考情報としてご覧ください。

良かった点(自分にとって)

◆「フリーランス」に特化しているので、文面の全てが自分に当てはまる

そこらのガイド本には「複式簿記とは」「青色なら65万円控除」という
一般論や定型文しか書かれていません。(と思います。)


でも、私にとっては、「複式簿記の概念」より、
本当に必要なのは「事業専用じゃないクレジットカードで買い物したら、
どの科目をクリックするのか?」という具体的な話なんです。


そこらの本も、記帳講座も、具体的には何も教えてくれないんですよ。
だから、わからないことばかりです。
「65万円控除」って飽きるほど書いてありますが、
それって「使った経費を全額計上して、
その上にさらに(実態のない)65万円乗せるって意味?」とか、
「住民税の計算で使うのは、65万円を引いた後の金額なの?」とか。


この本が、その点を懇切丁寧に説明しているのかというと、
それはそれほどでもないんですが(^^;)
それでも入力の際に迷う点が、具体的に「こうする」と書いてあったので、
とても助かりました。


私個人の実感ですが、
初心者フリーランスは、事業と私用の境界があいまいで、
申告書作成の際は、まさにそこが難しいです。


だから・・
*************************************************
フリーランスの経理で、一番入力データのボリュームがあるのが
経費です。ここを正確に入力できれば、記帳作業はほぼクリアです。
難しいのは、その支払いが、現金かカードか、預金口座からの引き落としか、
さらに、それが、事業のお金か個人のものか、ということです。
(本文より)
*************************************************
↑ここを読んだとき、
私は「この本、肝心な点をわかってる!」と、
やっと味方に出会えた気持ちになりました。
(2013.12追記:今はもう、この「わかってる~」という感覚が薄れてます。
記帳に慣れたってことかな?)



◆安い

1,680円+税
2013年1月中旬、天神のジュンク堂書店に数冊ありました。



◆ソフトに沿った具体的なテキストであること

私が必要としたのは、会計ソフトと、
それを使うための具体的なマニュアルでした。


弥生の青色用では間口が広すぎるし、
ブルーリターンAは、マニュアルすらありません。
(講座用テキストはありますが、マニュアルとは違うと思います)


※ちなみに、正確に言うと、
この本の“付属ソフト”は
エクセルのテンプレートファイルです。(後述)



◆公式サイトも頼りになります

本文に加えて、公式サイトの「よくある質問」が役立ちました。
最初から本書に載せればいいのにー、って思うくらい(笑)
(URL:http://kantan-aoiro.net/)
誰でも見られるので
「仕訳、仕訳帳への入力について」あたりのQ&Aを見てみてください。
ずっと知りたかったことが載っているかもしれませんよ!

オススメしづらい点

◆書籍なので、正しく利用できるかは自分次第。

誤読や勝手な思い込みで、間違った申告書を作成してしまう恐れが!
これは怖い!


だから、実際に申告するとしたら・・
税理士さんに依頼すべきかな・・とも思います。



◆付属ソフトが信頼しづらい・・

画像



付属ソフトというか、正確にはエクセル(マクロ利用)のファイルなのですが、
見た目が手作り感いっぱいで、不安がよぎります(^^;)
また、書籍本文に比べて、ソフトの日本語力がかなり劣るので、
指示がわかりにくいです。
あと、セルの中をのぞかないと、読めない部分があったのは
整形ミスかな・・(^^;)

画像


◆提出用の書類そのものは、印刷できない

この本の付属ソフトでは、税務署へ提出する決算書そのものは、作れません。


ただ、全く同じ書式の書類を作成&印刷できるので、
(ならその用紙を提出できたらいいのにね!)
その印刷したものを見ながら、改めて国税庁のサイトに入力するという
余分な一手間がかかります(^^;)
でも、まあ、計算済の数字を入力するだけなので、すぐです。



【ご注意】
このページの情報は、あくまで個人(それも素人!)の感想です。
また、既に終了済・変更等の可能性があります。
最新の正確な情報は、公式サイトでご確認ください。

関連記事

⇒ 【確定申告】平成24年分の受付期間・会場(所得税・贈与税・消費税)

⇒ 【関連記事】福岡市の国民健康保険料・国民年金保険料



関連リンク

詳しくはこちら
【2012-2013年度版】フリーランスのための超簡単!青色申告 (事業所得用・申告ソフト付/Windows版)

スポンサードリンク