福岡イベント情報

イベント情報カレンダー

お気軽にどうぞ

スポンサードリンク









開業届(青色申告)を出した後の、無料記帳指導の内容

2013.3.11更新

【注意】=========================
このページの内容は、福岡市における、ある年(ここ最近)の
個人の体験談です。
最新の正確な情報は、必ず公的な告知等で、ご自身でご確認ください。
=============================


「今年から青色申告を始めたい」という人は、その旨の届出を行います。


ある年の申告時にそれをしたら、5月下旬頃、
「無料記帳指導等のご案内」と題する通知が、税務署から送られてきました。


そのときの一連の流れを、ある年の体験談として、レポートします。
(毎年同じかは、わかりません)

税務署からの通知内容

税務署では、下記のような人などを対象に、
無料で記帳指導などを行っているそうです。


◆新規で事業を開業した人
◆青色申告を始めた人
◆記帳指導の対象となった人
 (所得金額の合計が300万円を超える人)
 (※平成26年1月からは、事業所得等のある全ての人が対象)


このときの書面では、記帳指導を申し込むか、否か、
いずれかの回答が求められました。

税理士さんに来てもらう?講習会に参加する?

このときに記載されていた、 記帳指導を受ける場合の選択肢は、下記の4つ。


【1】税理士による個別記帳指導
【2】外部委託業者による説明会方式の記帳指導
【3】外部委託業者による会計ソフトを利用した記帳指導
【4】福岡商工会議所等との共催による記帳開始説明会
※【4】のみ、【1】~【3】のいずれかと重複受講可
※希望多数の場合は抽選


  【1】税理士が受講者の自宅または事業所で行う。
   計4回(1回1時間30分程度)
  【2】計6回(1回2時間程度)
  【3】計5回(1回2時間程度)
  【4】1回(2時間程度)

講習会を選んだら・・

【3】を選んだところ、
福岡県青色申告会連合会(http://www.aoiro-f.com/)内の
PCサポートセンターで受講することになりました。


青色申告会の会員用会計ソフト「ブルーリターンA」の、
その年にだけ使える限定版がもらえて、それを使っての講習でした。


詳しいレポートは次の記事に掲載予定ですが、
簡単にまとめると・・

◆熱心に教えてもらった
◆業種が絞られていなかった
◆講師が税理士ではなかった


特に3点めが問題。
法律の縛りがあるため、
個別の具体事例に踏み込んだ指導が受けられません。


個人の申告において、一番ネックとなるのは
<具体的な経費処理>だと思うので、
その点を重視するなら【1】が良かったのか?とも思います。
(誰でも【1】を利用できるのかは、わかりませんが ^^;)


ワタシの場合は、こちらの本に具体例が載っていましたが。
参考記事 ⇒ フリーランスのための超簡単!青色申告


ちなみに、夏や秋に開業届を出した人がどうなるのかは、
わかりません。

確定申告関連の過去記事

⇒ 【関連記事】平成24年分確定申告の受付期間・会場

⇒ 【関連記事】福岡ビルの申告相談会場は、今年が最後です

⇒ 【関連記事】e-Tax(国税電子申告・納税システム)で、確定申告をするには

⇒ 【参考】福岡市の国民健康保険料・国民年金保険料



関連リンク

他の情報も見る
【福岡アンテナ】今月掲載した福岡情報
寄り道情報
【福岡アンテナ】福岡イベント情報カレンダー

スポンサードリンク