福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【英単語を覚えて100万円!】全国高校mikanバトル、決勝は7月8日(金)!

mikanバトル

「2日で約3000語を暗記」
そんなガッツリ系の英単語アプリ「mikan」

高校生の認知度がすごーーく高いそうです。

そのアプリを使って、今、「全国高校mikanバトル」が開催されていて、その決勝が、7月8日(金)に行われます。

単語力ナンバーワンの高校が決まります!

スポンサードリンク

「mikanバトル」とは?

英単語を覚えるアプリ「mikan」を使った、 全国の高等学校が対象の、ポイントを競う団体戦です。

登録した高校生が参加できます。予選は5/12~6/30の日程で行われました。

予選は量をこなせばポイントに貢献できましたが、決勝はなんと【サドンデス】ですって!

福岡県の決勝進出校は?

予選を突破した159校が参加できます。(各都道府県上位3校が予選突破。21世紀枠あり)

福岡県は激戦となったようです。

決勝進出校は・・・
久留米大学附設高校
嘉穂高校
筑紫丘高校
修猷館高校
福岡大学附属大濠高校

(中でも、予選時の大濠の得点の伸びが話題となりました。 たった1日で【登録人数100人越え】&【全国ランキングでも50位】に食い込んできたそうです。)

全国の進出校を見ると、開成・筑駒といった超有名校はもちろんのこと、 各県それぞれで知られた学校が並びます。 完全な偏差値順じゃないけど、地域の伝統校あり、勢いのある私立ありで、どこもそれぞれ名前がわかるわ~。 そんなラインナップがまた良いなあ(親目線)

決勝は【サドンデス】

7月8日(金)に行われる決勝戦の内容は、なんと【サドンデス】ですって!

1問でも間違えたら即終了というプレッシャーの中、 本番テストの得点の学校平均が最も高かった高校が、優勝賞金100万円を獲得できます。

学校平均は、以下のように算出されます。 [本番テストの学校での合計点数] ÷ [参加資格者総数(※)] (※)参加資格者数が、100名未満の時、参加資格者数 = 100名とする。

決勝の様子を見てみたいですが、ひとりひとりがアプリでやるだけなので、 中継がなくて残念だわ~。(ですよね?)

予選結果

予選の結果は、一覧では公表されていませんが、キリ番の発表があったので、一部の順位がわかります。 (アプリで見れば全部わかるかな?)

99位:大垣北高校(岐阜県 1位)
88位:佐野高校(栃木県 2位)
77位:津高校(三重県 2位)
66位:久留米大附設高校(福岡県 5位)
55位:呉工業高専(広島県 1位)
44位:大阪桐蔭高校(大阪府 5位)
33位:嘉穂高校(福岡県 2位)
22位:暁高校(三重県 1位)
11位:箕面高校(大阪府 3位)
1位:開成高校(東京都 1位)

九州の決勝進出校

佐賀県
早稲田佐賀高校
武雄高校
佐賀西高校

長崎県
諌早高校
長崎東高校
長崎北陽台高校

熊本県
熊本学園大学付属高校
熊本高校
済々黌高校

大分県
大分工業高専
日田高校
大分上野丘高校

宮崎県
宮崎南高校
宮崎西高校
宮崎大宮高校

鹿児島県
川内高校
鶴丸高校
鹿児島修学館高校

沖縄県
球陽高校
沖縄工業高専
与勝高校

英単語アプリ「mikan」とは?

mikanと他の英語学習アプリとの違いは、英単語に特化していること。 そして、「2日で約3000語を暗記」といった切り口が挙げられます。

※以下、2016年5月のプレスリリースより

【英単語アプリ「mikan」の概要】

英単語アプリ「mikan」は、スキマ時間で圧倒的に早く覚えられることをコンセプトに作られた英単語アプリです。知っていたら右へ、知らなかったら左へカードをめくるだけで、知らない単語のみが繰り返し表示され、発音を確認しながら学習できるようになっています。学習後には、すぐテストを実施することで、定着度を向上させます。そして、これらの学習データに基づいた、「苦手な単語」のみを効率的に復習していくことができます。

iOS版は、リリース後すぐにAppStore教育カテゴリで1位を獲得し、現在のAppStoreでのレビュー評価平均4.87は、無料教育カテゴリ上位50個のアプリの中でNo.1であり、「英語をマスターしよう」のおすすめアプリにも選ばれています。

先日正式リリースされたAndroid版でも現在のGoogle Playレビューは4.89と高い評価を得ております。

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

mikan
http://mikan.link/

福岡大学附属大濠高等学校mikanPR
https://twitter.com/mikan_ohori_

スポンサードリンク