福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【うなぎ味のなまず】「近大ナマズのかば焼き」を食べてみました(土用丑の日)

近大ナマズのかば焼き

ウナギが獲れなくなりました。

稚魚の漁獲量が激減して、今後の見通しも暗い中、 「うなぎのかば焼き」の代替品として「ナマズのかば焼き」が提案されています。

先日の土用の丑の日に、近畿大学が開発した 「ナマズのかば焼き」が、一般のスーパーで販売されました。

偶然見かけて、買ってしまいましたよー。

スポンサードリンク

イオンで販売されました

この「近大ナマズのかば焼き」が一般向けに販売されるのは、今年が初めてだったそうです。

“土用の丑”に向けて、特に数多く取り扱ったのがイオンです。北海道・沖縄を除く全国のイオンの一部店舗で、数量限定で販売されました。(各店1日25~30枚程度)

九州エリアでの販売は、7月30日(土)福岡県・鹿児島県の10店舗のみでした。(福岡での取り扱いは、福岡店・筑紫野店・香椎浜店・笹丘店の4店舗。)

(参考URL:http://www.aeonretail.jp/pdf/160722R_1_2.pdf)

近大ナマズのかば焼き
(値段が全然違いますね)

ナマズって美味しい?

この「近大ナマズ」は、餌や飼育する水質などを工夫することで、 泥臭さを抑え、皮も柔らかな、食べやすいものになったそうです。

近大と言えば「近大マグロ」で名を売りました。 だったらナマズも美味しいかな!と、勝手な期待が膨らみます。

近畿大学の新聞広告にも、看板であるマグロにとって代わって、このナマズが使われています。 “パチもん”って自分から名乗っているところがカワイイな。

広告
(※近畿大学の公式サイトより)

「あーね、なるほど~」

で、肝心の、食べてみた感想ですが・・・

写真ではわかりづらいかもしれませんが、頭のほうが身が厚くて、尾のほうが薄いです。

厚い部分は、断面がよくわかるので、ほくほくとほぐれる身の様子が白身魚のように見えます。味も魚みたい。“パチもん”というより、「別にナマズを使わなくてもいいんじゃない?」と、そもそもの始まりに疑問を抱きました。

近大ナマズのかば焼き
(これが真ん中あたりの厚さ)

一方、薄い部分になると、皮や脂の比重が高まるので、「あ、確かに鰻(のかば焼き)っぽい香りがするかも!」と思えました。

近大ナマズのかば焼き

マスコミ報道が、味に対して悪いように言わない理由が、わかったような気がします。「えー?ナマズ?」という先入観がなければ、普通に「美味しい!」と言われそうだし、今のこの味の先にホントに「鰻みたいな味」がありそう。これから研究が進んで、もっと鰻っぽくなったらいいな!と期待しちゃうし、期待させるだけの出来だと思いました。

(小声)イオンでいいのかなー

ところでね、ざっくりと本音で好き勝手を言いますと、初の一般販売(のうちの多くの取り扱い)がイオンってのは、どうだったのかなー・・。

鰻だって、スーパーの蒲焼きは美味しくないじゃないですか。(←言い切った)

やっぱり専門店でこんがり焼いた蒲焼きのほうが、断然美味しいじゃないですか。タレの味だって段違いだし。(高くて手が出ないけど…)

鰻でも別モノってくらい違うんだから、このナマズも「美味しく作ったらどんな味がしたんだろう?」と考えてしまいます。

それとも、“スーパー味”のほうが欠点が目立ちにくい等の事情が何かあるのかな?

いずれにしても、今後に期待しちゃう存在です。 ナマズも、そしてもちろんシラスウナギも、研究がどんどん進んでほしいな。

【追記】ガイアの夜明けで特集されました

8/2(火)オンエアの「ガイアの夜明け(テレビ東京系列)」で、密着取材の様子がオンエアされていました。

脂質の多い餌ときれいな水が飼育のポイントだそうですが、鹿児島の養鰻業者とともに手掛けた飼育には、試行錯誤や苦労があったようです。

今年は10万匹の出荷を構想していたそうですが、実際には25,000程度になったとか。大量に飼育するとなると、まだまだ研究の余地があるそうです。

この番組内でも、味に関しては好意的でした。うなぎにひけをとらない味になることを、誰もが期待している証左ですね。

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

スポンサードリンク