福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

博多阪急「英国フェア2016」の見どころ

博多阪急「英国フェア2016」

始まりました!博多阪急「英国フェア2016」です!

私にとっては、福岡で開催される中で一番好きな催事です♪

スポンサードリンク

始まりました!めっちゃ混んでる!

私が訪れたのは、2日め。初日が台風襲来だったせいで2日分のお客さんが来てたのか、それとも元々こんなものなのか、とにかく会場がとても混んでいました!

今年は特に雑貨ブースが充実している印象を受けました。どのブースにもお客さんがいっぱい~。買う気で見てるような、じっくりした品定め。

シャングリラのスコーンも、常に数人の行列が途切れない感じ。個人的には、クロテッドクリームも一緒にどんどん売れているのが驚きでした。スコーンには欠かせないものですが、過去開催ではスコーンだけを買う人も多かった印象があるので、変わったんだなあ…と思いました。

博多阪急のtwitterに、会場の写真がたくさん掲載されています。雰囲気がわかって、楽しい~♪

twitterでは、他の売り場の話題と混ざっていて、探しにくいので、拾ってみました。(↓)

ティールーム素敵!

そして、何といっても、この催事の一番の目玉(私にとって)のティールーム!

今年のティールームは、「Thomas Oken Tearoom(トーマス・オケン・ティールーム)」なんですが・・・

広告写真
(博多阪急公式サイトより)

なんと!なんと! 訪れた時間が悪かったか、満席で入れなかった~~。
。゚(゚うェ´゚)゚。 せっかく交通費をかけて、はるばる来たのに。

満席どころか、私が見たのは「満席であきらめて帰る人たち」ですから。私なんて「“満席であきらめて帰る人たち”を見てあきらめて帰る人」ですから。レジ(前払い制)にたどり着くことなく終了ですから。

今年のティールームは、場所が例年と違っていました。角に移っちゃった。(壁の設置があまり要らない場所 笑)
オープンスペースになっていて、席数もずいぶん減りましたよねえ? (催事会場の空きスペースに、同じようなテーブル&イスが置いてあったので、それもティールームに持ってくれば席数が増えるかも?)

でも・・でも・・あきらめきれずに出直しましたよー!(←めげない)

バターナイフの大きさから、スコーンの大きさを想像してください。大きいの!!めっちゃ大きいの!!お腹いっぱいで食べきれない!!

ジャム美味しい。明るい赤色で、素直ないちごの香りがする♪ 紅茶も美味しい♪

クロテッドクリームも美味しい♪ Rodda'sのクロテッドは安定の美味しさ。ちなみに、ここでは「ロダス」と表記している模様。

そしてそして、スコーンですが、見た目以上にフルーティ!レーズンの香りだけでも芳醇で、他の素材の香りも後から後から追いかけてきます。(ぜひ食べてみて~)

こんなに大きいのに、味がにぎやかで楽しくて飽きません。でもお腹いっぱいになって苦しいです(笑)

隣のブースで実演しているから、焼きたてが運ばれてくるので、外はこんがり、中はほっくり。うふふ。ほっくりゾーンに焼きモノ独特の香りがありますが、フルーティーさのほうが先に来てる感じです。

(かつての英国フェアでは、ひんやり冷たいスコーンが出ていました。それを思い出すと、ありがたくてしみじみするなあ。笑)

そしてね、そしてね!なんと、ジャムとクロテッドクリームが、おかわりOKだったんです!すごくない?ペース配分の心配が要らないんですよ(笑)
(でも、他店でクロテッドがどんどん売れているのを見たので、催事全体で在庫が持つのか勝手に心配に思っています。おかわりシステムも、最後までやってくれるかわからないなあと思うのです。)

ああ、もう一回行きたいな。行けるかなー。日曜日で終わっちゃうのが残念です。

雑貨も良いです。すごく良さそう。twitterでは紳士モノが上がっていますが、明るい色合いの婦人雑貨や、茶器、文具類なんかも多くて、華やかでした。

クロテッドクリーム大好き♪

健康上の問題で、常時食べるのは気が引けるアイテムですが、スコーンがあれば大解禁でしょう♪

上でも触れましたが、よく売れてるなー。。という印象を場内で受けました。 どんどん売れて回転するくらい、みんなが普通に買うものだったら、普段もそこらへんのお店でもコンディションの良いものが買えるようになると思うので、 どんどん広まってほしいなあと思う次第です。(今はまだそこまで日用品じゃないですよね?)

とは言え、冷蔵品だから、買うとその後の行動が制約されがちなのが面倒なところです。あはは。

【始まる前からワクワク】クリームティーはぜひ!

イメージ写真
(※写真はイメージです。https://www.hankyu-dept.co.jp/hkblog/より)

英国フェアの看板商品であるクリームティー。

今年のティールームは、「Thomas Oken Tearoom(トーマス・オケン・ティールーム)」 大きなスコーンにびっくりしそうです。 焼き上がりが10cmを超えるんですって。楽しみ~。

クリームティーセット(スコーン1個、クロテッドクリーム、ジャム、紅茶)1,501円になるのかな?

【追記】告知が出ました。クリームティーセット(スコーン1個、ジャム、クロテッドクリーム、紅茶) 1,601円です。

イメージ写真
(※写真はhttps://www.hankyu-dept.co.jp/hkblog/より)

いちおしスイーツは、「Bloomers(ブルーマーズ)」の「ベイクウェルプディング」

パイ生地にジャムを落として、卵やアーモンドパウダーなどを加えたフィリングを流し込んで焼き上げるという、 これぞ英国の知る人ぞ知る伝統菓子だそうです。

もしかしたら1個761円になるのかな?少し手が出づらいお値段ですが(私基準)、会場で焼き上げるそうなので、こんな機会はそうはないでしょ、買うわ~。

紅茶も買わなきゃ~。美味しい紅茶を買えるチャンスですもんね!

「スキティー」もいいし、今やすっかり有名になった「リントンズ」もぜひ買いたいな。 リントンズでは、英国でも発売されたばかりの「2016年限定 リントンズ紅茶缶」も数量限定で登場するそうです。 ティータイマー(砂時計)が付いている、凝ったデザインのステキな缶なんです。
(詳細はhttp://ringtonstea.blog.fc2.com/blog-entry-1763.htmlでご覧ください。)

【始まる前からワクワク】

このページには、最初は下記を載せていました。始まる前からウキウキでした(笑)

============================

私にとっては、福岡で開催される中で一番好きな催事です♪

博多阪急「英国フェア2016」です!

日程や、目玉のティールームなど、そろそろアップを始めておきませんか!ふふふ♪ 福岡は、本家(?)のうめだより先に開催されるという、贅沢な日程です。期間が5日間しかなく短いので気をつけて~。

============================

関連過去記事

こんなこと言っちゃ、過去の関係者の方々に申し訳ないんですが、 ティールームの内装が、年々、少しずつ充実してきて、ステキになってきて、なんというか設営の予算が増えてる気がするような…?(^^;) 去年は窓までついてて「おおーぅ」とびっくりしました。 今年たくさん売れたら、来年もっと予算が付くかな?(←来年の開催も信じて疑わない)

博多阪急「英国フェア2015」

▼関連記事 ⇒ 博多阪急「英国フェア2015」

続報が楽しみ!

最新情報が入り次第、このページに追記します。
たまに「再読み込み」してみてください。

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

博多阪急「英国フェア2016」
2016年10月5日(水)~9日(日)最終日は午後6時終了
8階催場

スポンサードリンク