福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

抑肝散(よくかんさん)を認知症の人に飲ませると効く?【一般人の介護体験談】

抑肝散

漢方薬の「抑肝散(よくかんさん)」は、一般的に、虚弱な体質で神経が高ぶる人に用いられます。

最近では、認知症の高齢者の周辺症状(暴れる・興奮する・イライラする、など)に対しても、処方されることがあります。

おばちゃんの井戸端会議界でも、最近、「抑肝散ってどう?」という話が増えたように思います。

※このページは、素人のおばちゃんが見聞きした体験談です。 正確な情報をお持ちの上で「で、実際に使ってみた人の評判はどうなの?」という視点でご覧ください。

スポンサードリンク

「効く」って言いますね

抑肝散って「効く」って言いますね。

あら。話はこの一言で終わりました(笑)

実際に、「親が認知症で、すぐ興奮して困っている」という方から、「抑肝散って、結構効くよ~」と聞いたことが数回あります。

それから、「抑肝散って『効く』って聞くね~」という話も、よく出ます。

これらの噂話は、「抑肝散」が“流行りもの”として、名前がよく挙がり、評判が独り歩きしているのかもしれません。

また、服用させている家族にとっては、「効いてほしい」という切なる願いが強くて、そのせいで効いているように見えるだけかもしれません。

ただ、少なくとも、処方されている方は“結構いる”ということと、評判が悪くなさそうだということが伺えます。

抑肝散の良いところ

認知症の人の家族にとって、抑肝散が便利なところは、「漢方薬」であるということです。

なにせ、抑肝散を試そうというくらいですから、暴れたり興奮したりイライラしやすいわけで、そんな人がおとなしく薬を飲んでくれるわけがないでしょう?

暴れる認知症に薬を飲ませるのは、なだめたり、説明したり、おだてたり、休ませたり、それだけでも大騒ぎです。

その際に、イライラを鎮める漢方薬だと説明できるので、認知症の薬よりも、本人(や、他の家族)の抵抗が少ない可能性があります。

また、以前から服用している別の漢方薬がある人なら、その漢方薬と置き換えて飲ませるという方法もとれる可能性があります。この方法がとれると、薬の数が増えないので、本人の混乱(と、そこから現れる反発)が回避できる可能性があります。

そして、いわゆる「認知症の薬」と併せて飲める(と現時点では言われています)ことも、実用的なメリットです。

その他のメリットとしては、漢方ならお医者さんに相談しやすいという人もいるでしょう。 本人に昔からのかかりつけ医があった場合で、そのお医者さんが認知症の専門医でない場合でも、 「飲ませてみたいがどうだろうか?」という相談を漢方薬ならしやすいかもしれません。

※なお、もっと根本的なメリットとして、薬の効果が「日常の動きを低下させない」ということがあります。(認知症の薬はボーッとさせすぎる場合がありますもんね…と素人のおばちゃんは思うのでした。)このあたりの話になると、素人の噂話の領域ではありませんので、デメリットや副作用の話とともに省略します。

抑肝散を処方されたとき

私も家族に抑肝散を処方されたことがあります。(遠い目)

認知症専門のメンタルクリニックのようなところで処方されました。

ここでは、抑肝散を処方するときは、まず抑肝散だけで様子を見たいらしいです。 (うちはそんな余裕がなかったので、違う処方でした)

うちが「効いたか?」と問われれば、わからないという答えになります。単体では服用していないので。

他の薬と併せて服用した全体の効果として、即効性はありませんでした。

そこから半年くらいの時間をかけて、私は「少し効いた」と感じました。 他の家族は「全然効いていない」と言いました。

さらに1年くらいすると、かなり落ち着きました。ただ、それが、薬の効果なのか、 それとも別の要因なのかは、判別がつきません。

いったん飲ませ始めて、その投薬が安定してくると、家族としては積極的に「止めよう・変えよう」とは思えません。薬にはすべて副作用のリスクがありますが、将来的に健康を損なうかもしれない心配より、目の前の大暴れ対策のほうが緊急性が高いのです。(社会的な医療費をかさませて、本当に申し訳ない気持ちです・・)

メーカーからの情報

クラシエは、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
http://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/prescription/yokukansankatinpihange.html

陳皮と半夏が加わっています。 (うちも加陳皮半夏だったんですが、それを見た人から「陳皮半夏?なんで入ってるの?」と言われたことがあるので、ツムラの抑肝散が出るところが多いのかな?)

クラシエの商品サイトでは、認知症という話は載っていませんね。

ツムラは、抑肝散と抑肝散加陳皮半夏。
http://www.tsumura.co.jp/products/g_medical/50.html?order=8

投資家向けページには、抑肝散の対象疾患・症状として「認知症の行動・心理症状(BPSD)」と書かれています。エビデンス(科学的根拠)の確立を目指す取り組みが行われているそうです。
http://www.tsumura.co.jp/zaimu/business/bsn/14.html

えーっと・・

福岡の話じゃなくてごめんなさい。「福岡でもこの話題がよく出ますよ!」ってことでお許しを。

注意

インターネット上の情報は、嘘ばかりです。

特に、広告収入を狙って、他のサイトからの転記で作られた悪質なページも多くあります。 医療情報に関しては、高額報酬がもらえる怪しい広告が載せられるので、特に悪質なものが多いです。

オマエが言うか!と突っ込まれるかと思いますが、どうかくれぐれも、悪質なページに騙されませんよう、ご注意ください。

(最近では、DeNAが運営する医療系サイト「WELQ(ウェルク)」が閉鎖する騒動がありました。 医療を扱っているのに、素人が書いたデタラメな内容が載っていました。 興味のある方は、検索すると、たくさんの情報が得られるかと思います。)

当ページは、google検索で引っかからないかもしれません。(google検索では、さまざまなテクニックを使って対策しているページが上位表示されるのです)それでも、ここに書いたことは間違いなく私が体験したことであって、その意味では商業ライターが“ねつ造”した原稿とは異なります。嘘ばかりのネット情報の中で、こんな話でも必要とするほど困っている方の目に留まるよう、祈りつつ掲載します。

関連記事

▼関連記事 ⇒ 福岡市の認知症受診のための医療機関

うわっ・・私こそヤバい?同じことを書いてるコレを忘れていました・・(↓)

▼関連記事 ⇒ 【認知症】「抑肝散」効くって言いますね~。処方されるまでの経緯。

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

スポンサードリンク