福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

抑肝散(よくかんさん)を認知症の人に飲ませると効く?【一般人の介護体験談】

抑肝散

漢方薬の「抑肝散(よくかんさん)」は、一般的に、虚弱な体質で神経が高ぶる人に用いられます。

最近では、認知症の高齢者の周辺症状(暴れる・興奮する・イライラする、など)に対しても、処方されることがあります。

おばちゃんの井戸端会議でも、「ねえ、抑肝散ってどう?」という話が出ます。

【注意】
このページの内容は、素人のおばちゃん(=私)が見聞きした体験談です。
私も実際に家族に処方されました。

2020年現在、google検索ではこの手の「素人が提供する医療情報」は表示されない方向です。
だけど、素人の話でいいから知りたいという需要はあると思うので、自分の日記として載せておきます。

薬の処方は、同じような症状であっても異なる判断が下されます。
正確な情報はかかりつけのお医者さんにご相談ください。

なお、うちの家族への処方は1年くらいで終了しています。

スポンサードリンク

「効く」って言いますね

抑肝散って「効く」って言いますね。

話はこの一言で終わります。(あら 笑)

「親が認知症で、すぐ興奮して困っている」という方から、「抑肝散って、結構効くよ~」と聞いたことが、私自身も複数回あります。

それから、「抑肝散って『効く』って聞くね~」という話も、よく出ます。

これらの噂話は、「抑肝散」が2016年現在“流行りもの”として名前がよく挙がり、評判が独り歩きしているのかもしれません。

また、服用させている家族にとっては、「効いてほしい」という切なる願いが強くて、そのせいで効いているように見えるだけかもしれません。

ただ、少なくとも、処方されている方は“結構いる”ということと、評判が悪くなさそうだということが伺えます。

抑肝散の良いところ

抑肝散が便利な点は、「漢方薬なので飲ませやすい」ことが挙げられます。

なにせ、薬を試したいというくらい困っているのですから、暴れたり興奮したりイライラしやすいわけで、そんな人がおとなしく薬を飲んでくれるワケないじゃないですか。ねえ。

特に初期の認知症は薬の名前も読めるのですから、これはなんだと怒るわけで、なだめたり、説明したり、おだてたり、休ませたり、それだけでも大騒ぎです。

その際に、気分を整える漢方薬だと説明できるので、一般に「薬」と称する薬よりも、本人(や、他の家族・親族)の抵抗が少ない可能性が見込めます。

また、以前から服用している別の漢方薬がある人なら、その漢方薬と置き換えて飲ませるという方法もとれるかもしれません。それだと薬の数が増えずにすみます。

そして、いわゆる「認知症の薬」と併せて飲める(と現時点では言われています)ことも、実用的なメリットです。

その他のメリットとしては、漢方ならお医者さんに相談しやすいという人もいるでしょう。

(※なお、そもそものメリットとして、薬の効果が「日常の動きを低下させない」ということがあります。認知症の薬はボーッとさせすぎる場合がありますもんね…。)

抑肝散を処方された経験

私も家族に抑肝散を処方されたことがあります。

認知症専門のメンタルクリニック的な医療機関で処方されました。

ここでは、抑肝散を処方するときは、まず抑肝散だけで様子を見たいそうです。 (うちはそんな余裕がなかったので、異なる処方でした)

うちが「効いたか?」と問われれば、わからないという答えになります。抑肝散単体では服用していないので。

他の薬と併せて服用した全体の効果として、即効性は感じませんでした。

ただ、そこから半年くらいの時間をかけて、私は「少し効いた」と感じました。 他の家族は「全然効いていない」と評しましたが、私は「いや効いてると感じる」と言い張りました。さらに1年くらいすると、かなり落ち着きました。

それが薬の効果なのかそれとも別の要因なのかわかりません。(認知症自体は進んでいます。)

いったん飲ませ始めてその処方で安定してくると、家族としては積極的に「止めよう・変えよう」とは思えません。(医療費をかさませて申し訳ないです…)

メーカーからの情報

クラシエは、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
http://www.kracie.co.jp/ph/k-therapy/prescription/yokukansankatinpihange.html

陳皮と半夏が加わっています。 (うちも加陳皮半夏だったんですが、それを見た人から「陳皮半夏?なんで入ってるの?」と言われたことがあるので、ツムラの抑肝散が出るところが多いのかな?)

クラシエの商品サイトでは、認知症という話は載っていませんね。

ツムラは、抑肝散と抑肝散加陳皮半夏。
http://www.tsumura.co.jp/products/g_medical/50.html?order=8

投資家向けページには、抑肝散の対象疾患・症状として「認知症の行動・心理症状(BPSD)」と書かれています。エビデンス(科学的根拠)の確立を目指す取り組みが行われているそうです。
http://www.tsumura.co.jp/zaimu/business/bsn/14.html

ウソの情報にご注意を

インターネット上にある情報は、言ってしまえば「嘘ばかり」です。

検索すると、広告収入を狙った悪質なページが上位に表示されることも多いです。 (医療情報に関しては、報酬の単価が高いので特に。)google等も対策を行っていますが、業者も対策をすり抜けようとします。

オマエが言うか!と突っ込まれるかと思いますが、どうかくれぐれも、悪質なページに騙されませんよう、ご注意ください。

関連記事

▼関連記事 ⇒ 福岡市の認知症受診のための医療機関

▼関連記事 ⇒ 【認知症】「抑肝散」効くって言いますね~。処方されるまでの経緯。

DATE

正確な内容はメーカー・医療機関などが提供する情報でご確認ください。

スポンサードリンク