福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

パティスリー ルイ (Patisserie Rui) 岩田屋出店中

イメージ写真
(https://www.facebook.com/pati.rui/より)

春日の「パティスリー ルイ」が、岩田屋地下に出店しているとのことで、 意気込んで買いに行きました。

初めて見たんですが、こっ、これが今どきのパティスリーってやつですか!?華やかでキレイ~。

スポンサードリンク

「トップクラス」

「パティスリー ルイ」さんと言えば、数年前に春日に移転オープンした、まだ新しいパティスリーです。

名前は存じ上げています。春日のオープン当時、おしゃれブロガーさんの記事でたくさん見ました。

食べてみたいな~と思いつつ、ウチからは車でなくては行きづらい場所なので、ずっと縁がないままでした。

今回の出店は、たまたま自分のtwitterに流れてきたので、知りました。

一方的に読んでいる(=交流はないです)サイトの管理人さんの「福岡でもトップクラスだと思う」というコメントを見て、そうだったのか~と張り切って買いに行きました。

色鮮やかで、目が釘付けに…

店頭

予備知識なく岩田屋に突っ込んだので、ショーケース前で、ハタと困ってしまいました。

色鮮やか!!

こういうのが今どきのケーキってやつなんでしょうか!?

お店のフェイスブックに写真が載っていますが、いやいや、実物はもっと華やかで色味が多くて、圧巻でした。

キレイね~。それも独特のデザインで。

存在感に見とれてしまって、味の想像まで気が回らなくて、これでは買いたいケーキが選べません。

いつまでも見つめていては迷惑なので、とりあえず、これだけは買わねば、と、シュークリームを購入しました。

パティスリー ルイ (Patisserie Rui)

シュークリーム

このシュークリーム、なんと紹介したら良いのでしょう…。

パティスリー ルイ (Patisserie Rui)

以下、見当違いのことを書いているかもしれませんが…。

シュー皮は、塩気を感じるさっくり生地に、ほの甘いクッキー生地を散らしてあります。

中には、滑らかなクリームがどっさり詰まっています。も、ホント、「どっさり」です。重い。

バニラの香りが強くて、味が濃くて、贅沢な風味です。さわやかさもしのばせてあって、しつこくはありません。

クリームの食感が、私は初めての感じでした。

皮を割っても流れ出さない、粘度のあるクリームで、かぶりつくとさっくりと噛みきれます。

口の中でねっとりしつつ、サラリと溶ける口当たりでした。

どのパーツも、すごーーーく凝っているんじゃないかと思います。

バランスもいいです。こんなシュークリーム、初めてです。

11日(火)まで

これは、ケーキもスゴそうだわ~。迷っていても決まらないから、とにかく買ってみなくちゃ始まりませんね。 「ピュイダムール」あたりは買わなきゃかな(自分メモ)

岩田屋は11日(火)までとのことです。

出店は今回が初めてではなく、「一年ぶり」ということなので、また出店があるといいなーと思っています。

(と気軽に期待してしまいますが、準備は大変なんでしょうね。)

(余談)

今回一番感じたのは、「今どきってこんななの!?」という、新しいものを見た驚きです。

個人的に、今、一番安心できるケーキは、こういう(↓)感じなんですが、こちらは圧倒されこそすれ戸惑うことはないんですよね…。

▼関連記事 ⇒ 桜坂・Patisserie au fil du jour

オススメ

自分のことを「見聞きする世界が狭いなあ」と思いました。ですんで、もっと食べなきゃね、うん、うん。(ふふふ)(←やる気)

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

(今回の岩田屋出店:2017年4月5日~11日(火))

スポンサードリンク