福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

流行りのフワフワかき氷が作れる!プロ仕様の15,000円、貝印「本格かき氷器」

これ欲しい!と、チェックしているんですが、いかがでしょう?

(体験談ではありません。すみません。)

プロ仕様のかき氷器みたいに、流行りのふわふわなかき氷を作れるんですって!

スポンサードリンク

貝印の製品です

KaiHouse

気になっているのは、貝印の高級ライン「KaiHouse」から発売されている「本格かき氷器 (⇒ 詳細)」です。

お値段、なんと15,000円! しかも税別! ってことは、16,200円!(※上記リンク先のAmazonでは、Amazonが販売&配送を行う商品で、プライム14,412円ですって。価格のご参考まで。)

昨年5月に1,000台の限定数量で販売されたものが、今年は去年同様の黒と、さらに新色の白が発売されているのです。白、いいな~。

貝印と言えば、昔っからの信頼のブランド。その貝印が出しているんだから!と惹かれます。

製品の特長

イメージ写真
(氷を薄く均一に削るのに適したステンレス刃。 設定角度にもこだわり。)

専門店の粉雪のようなフワフワかき氷を作るためには、
・安定した力で一定の角度で氷を削ること
・均質な氷を作ること
が必要なのだそうです。

その点、従来の家庭用のかき氷器では、ハンドルを回すときの力加減が氷に伝わり、 均一に削れないのだそうです。

そこで、業務用のかき氷器に使われているウォームギアを、家庭用にリサイズして採用したというのが、この「本格かき氷器」です。

製氷器のほうも、オリジナル設計により、かき氷に適した均質で透明な氷を作れるそうです。

結局は自分で使ってみないとわかりませんが、使ってみたくなるでしょう!?

イメージ写真
(安定した力で氷を削るウォームギア技術)

(雑談)子どもが喜びますよね

ウチに、20年以上持ち歩いている、かき氷器があるんですよ。

何度も転勤して、そのたびにもう捨てようかと迷ったのですが、行った先々で子どもたちにウケるので、結局捨てそびれて今に至ります。

幼児の頃も、小学生になっても、意外とそれより後でも、その年齢なりに喜ばれるように思います。(みんなでやるから楽しいってことですね。笑)

たかが数千円の消耗品を、こんなに何度も運ぶことになるなんて~。

そして、こうなると、今度は「孫ができたとき、喜ばれるかな?」とますます捨てられません。

そんないきさつがあるので、かき氷器という台所グッズそのものへの評価が高いかもしれません。私。

だから、今回のような良さそうなものが出ると、買い替えたいな!という気持ちになります。

高いけど~。欲しいな~。ああ、どうしましょう?どなたか買っていませんか?

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

KaiHouse「本格かき氷器」ホワイト
■本体サイズ:220×220×435㎜
■重さ :1,820g
■価格 :本体15,000円(税抜)
■発売日 :2017年5月より本格発売

スポンサードリンク