福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【8月16日閉店】ゴントランシェリエ(GONTRAN CHERRIER)が閉店。業態変更で「BOUL`ANGE(ブールアンジュ)」としてオープン

ゴントランシェリエ(GONTRAN CHERRIER)

福岡パルコ新館1Fの人気パン屋さん「ゴントランシェリエ(GONTRAN CHERRIER)」が、8月16日で閉店します。

その後にできるパン屋さんも、併せてご紹介します。

(この話をご紹介した6月末以来、せっせとゴントランシェリエを食べています。名残惜しくて。)

スポンサードリンク

話の流れ

このページは、6月から順次、加筆を重ねています。

6月に当サイトでご紹介した初報は「ゴントランシェリエが閉店するのでは!?」でした。

その後、それが本当だと確認できました。残念です。

(初報時のオロオロした内容は、末尾に残しておきます。)

ゴントランシェリエは8月16日閉店

店頭にも告知が出ました。

ゴントランシェリエ(GONTRAN CHERRIER)

ゴントランシェリエとしては8月16日(水)まで。その後、1日店休日を挟んで、18日から「BOUL`ANGE(ブールアンジュ)」としてオープンします。

(ちなみに、いつの間にか、テイクアウト時の個別包装用の紙袋が、白地でロゴ無しになっています。以前はロゴ入りだったのに。変更の準備かと思うと寂しいです。)

「ブール アンジュ」8月18日(金)オープン

イメージ写真
(福岡パルコ公式サイトより)

8月18日(金)、新館1Fに、ベーカリー・カフェ「BOUL' ANGE~ブールアンジュ~」がオープンします。

本場フランスのパン作りをベースに国内外を問わず世界中から厳選した小麦粉を使用し、シーズンごとに届く 旬の素材を掛け合わせ、見た目にも美しく美味しいパンを提案。

店名を冠したこだわりの食パン。もちもち且つふんわりと焼き上げたトースト専用の山型食パン「パン ド ミ "ブ ール"」と、長時間熟成させた北海道産の”ゆめちから”を使った生食専用の角食パン「パン ド ミ "アンジュ"」の 2種類。いずれも希少な国産小麦の魅力を最大限に引き出したプレミアムな食パンです!

ゴントランシェリエが無くなっちゃう!?

【注意】
この項は、ゴントランシェリエの閉店が公式発表される前に載せたものです。

さて、上記のパン屋さんのオープン情報を見ると、場所が 新館1F と書いてあります。

そして、今年に入って、渋谷・仙台・新宿のゴントランシェリエが、続々とブールアンジュに業態変更しています。

そう、「業態変更」なのです。

どちらも、ベイクルーズ社が手掛けているのです。

ベイクルーズと言えば、JOURNAL STANDARDを始め、人気ショップをたくさん抱えるグループです。

そのベイクルーズにとって、初のオリジナルブーランジェリーブランドとして展開しているのが、この「ブールアンジュ」だそうです。

願わくば、福岡のゴントランシェリエはぜひともそのまま残してほしいものですが、新館1Fのフロアを思い浮かべると、じゃあビームスのところにできるのか?と言われると、やっぱりゴントランシェリエのところよねえ…と考えてしまうわけです。

ブランドイメージはあきらめるとして、せめて、美味しいパンがそのまま続けば良いのですが、ネット検索では、先に変更になった渋谷・仙台・新宿に関して、良さそうな感想が見つかりませんね…。

不安だわ。ベイクルーズが手掛ける割に、ショップロゴ等も“むぅーっ…”な感じだし。せめて今のうちにせっせと買おうかな…。クロワッサン、好きなのに…。

ゴントランシェリエ(GONTRAN CHERRIER)

ゴントランシェリエ(GONTRAN CHERRIER)

とりあえず、私の勘違いだといいなと願いつつ、間違いじゃなかったときに心残りのないように、好きなパンをもーぐもーぐと堪能しつつ、公式の続報を待ちたいと思います。

関連記事

▼関連記事 ⇒ ゴントランシェリエの新作「ヴィエノワ・グルマン」

▼関連記事 ⇒ ゴントランシェリエ“全国のご当地パン”が味わえるフェア

DATE

正確な内容は公式な発表でご確認ください。

スポンサードリンク