福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

デパ地下のお菓子は、秋の「栗」モードになりましたね!

イメージ

デパ地下のお菓子売り場では、先日から、一気に「栗」が目立つようになりました。

季節を感じる贈り物に・・・と、自分メモとして書き出してみました。

(なんせ、写真を撮ったり、メモを残したりしておかないと、忘 れ る の でーーーー。)

スポンサードリンク

鼓月「つづみ栗」

イメージ

秋に京都のお菓子というのは、イメージが良い気がします。

鼓月なら、昔から全国的に有名だし、おばあちゃんにも通じやすくて好き。この安定感が使いやすいです。

つづみ栗は、日持ち18日。5個入1,134 円(税込)から、10個入・15個入とあって選びやすいなあ。

フェスティバロ「ドゥーブルマロン」

イメージ

フェスティバロには、「ドゥーブルマロン」が出ていました。

私は食べていないので、味について責任は持てませんが、ベースが「ラブリー」だから、まあ大丈夫なのでは?

口当たりが良いので、誰にでも渡しやすそうかなー?

源 吉兆庵

源 吉兆庵って、店頭で見ると引き込まれるというか、「あ、これでいいや」と思える品が見つかるイメージがあります。

敬老向けの詰め合わせも、使い勝手が良さそう。日持ちも20日ほどあるし。(詰め合わせ写真は公式通販サイトより)

イメージ

店頭で好きなものを詰めてもらうのも良いですね。お供えはこれにしようかなー。

イメージ

これらのお菓子は、敬老の日が過ぎてもしばらくは買えるようです。

自分用には・・

自分の普段のおやつは、三越地下の菓遊庵コーナーあたりで何か見つかるかなー。

博多阪急の銘菓銘品コーナーとかでも。

栗きんとん、栗蒸し羊羹・・昔から定評のあるあれこれが、手に入りやすい時代になってうれしいなあ。

あとは、デパ地下ではないですが、「oyatuya.u」では、今は何を出すんだろうと気になります。が、夏の真っ盛りでも行列していた人気店だから、 とても買える気がしないなあ…。ここのお菓子は「もらったらうれしい贈り物」ですよね。

あとは、人数が集まるときなら、「笑栗」とか?

▼関連記事 ⇒ 秋の幸せ♪ 赤坂・五島の「笑栗」

他には、三越の足立音衛門でなんか買っちゃおうかなーとか(値段に手が出ないので、普段は自制しています。)、 栗と言えば、このあたりでは湖月堂なのかしら?とか。(湖月堂は小倉のお菓子というイメージが強いですかね?)

ありんさんのブログで、湖月堂の“うさぎ焼き印&満月パッケージ”というどら焼きを見て、それもいいなあと、うふうふしてしまいます。

それと、岩田屋の「秋季限定のおすすめスイーツ」(ゴディバのパンプキンクッキー、鈴懸の栗蒸し羊羹、叶 匠壽庵のさつまいもをかたどったお菓子「御八つ」)も覚えておきたい品です。

後記

ああ。こんな話はあれこれ考えているだけで楽しいんですが、そのくせ、いざ何か買わなくちゃという段になると、 何が良いか全然思いつかないんですよね。「いい歳して、もっと段取り良くできないものか」と思うんですけどねえ。

こうやって書き留めておいたら、いつか何かの役に立つかなあ。(嘆息)

関連記事

▼関連記事 ⇒ バビのジェラートもマロンになっています♪

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

スポンサードリンク