福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【雑談】民泊活用?外国人観光客向けの格安宿泊施設が増えていますね

わー。今、福岡って、こんなふうになってるんだーー。

そんな話題をご紹介します。

スポンサードリンク

訪日観光客向け

外国人観光客をターゲットにした格安の宿泊施設が、今もどんどん増えています。

10月21日にもまたひとつ、「iVacation」社が運営するコンセプト型IoTホステル「TRIP POD FUKUOKA - snack & bed -」が、今泉にオープンします。

外国人観光客向け

このホステルは1人3,300円(税別)から。「日本のお菓子を無料で食べ放題」だそうです。わかりやすいキャッチで印象に残ります。

住所は「福岡市中央区今泉1-13-30 JOJIビル2階3階」で、総ベッド数が60です。

住所からすると、場所は、国体道路から大砲ラーメンの路地を入ったところですかね。(国体道路にはもうじき「ドン・キホーテ」もオープンするので、買物にも便利そうです。)

「TRIP POD」

この会社では、親会社が販売した365日運用可能な投資用民泊アパートの運営も行っています。

既に民泊として運営して運営していた施設も「TRIP POD」というブランド名に統一しているみたいですね。

「TRIP POD」で検索すると、たくさんの宿泊施設が出てきます。

ネットのニュースサイト等の情報によると、これらの宿泊施設を一括で扱う「スマートチェックイン機」が今月設置されるとか。フロントの自動化ができれば、ずいぶん効率が良さそうですね~。

下図のフローは、前述の新規オープンのホステルの仕組みですが、これなら複数の宿泊施設の管理を一括してやれそうですもんね。

外国人観光客向け

片手に「TRIP PHONE」

外国人観光客向け翻訳デバイス

iVacation社の物件にチェックインした人には、「TRIP PHONE」が貸し出されます。

この「TRIP PHONE」は旅行者向けに機能が特化されているそうで、多言語対応のトリップコンシェルジュがチャットに応じたり、テザリングや翻訳機能、観光地の音声ガイド機能などを利用することができるそうです。

飲食店に置いてある日本語のメニューも、カメラをかざすと英語・中国語・韓国語に翻訳できるそうです。(デバイスの大きさが違って見えますね?メニュー翻訳機能は新搭載なので、対応機種が違うとかかな?)

いつかどこかのお店で使っている人を見ることがあるかな。そのときは「これか!」って思うのかな。

外国人観光客向け翻訳デバイス

福岡ってこんなのがいっぱい?

今回はたまたま見つけた話題をご紹介したわけですが、こういう宿泊施設&管理システムを展開している会社って、他にもいっぱいありそうですね。

福岡は特区ということで、民泊に関するビジネスが進めやすそうですもんね。東京の会社もどんどん進出しているみたいですね。

そう言えば、以前ご紹介した「謎のネコ」がいる店屋町の建物も、外国人観光客向けのコミュニティ型ホステルでしたね。

▼関連記事 ⇒ 謎のネコの正体が発覚!

6月には、大手門に1Fが立ち飲みのホステルがオープンしましたっけねー。他にもまだまだいっぱいありそうだなあ。

私が街の話題に遅れているだけで、今の福岡ではこんなの常識なのかしらー。

DATE

正確な内容は各社の公式サイトでご確認ください。

スポンサードリンク