福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

新天町にたい焼き屋さんがオープン!「鳴門鯛焼本舗」(メニュー、店休日、イートインなど)

鳴門鯛焼本舗

最近は、天神みやげはコレでいいんじゃないかな♪

新天町に新しく「鳴門鯛焼本舗」がオープンしました。

どんどん売れていましたよ!

【追記】下記のご紹介文の中で「手早く、どんどん進む」という表現は撤回します。

スポンサードリンク

新天町にオープン

鳴門鯛焼本舗

先日当サイトでご紹介したとおり、新天町の入口に「鳴門鯛焼本舗」がオープンしました。

新天町のアーケードに入ったところがレジです。たくさんの人が並んでいました。

でもねでもね!!

お店の人の手際が良くて、どんどんお客さんが進んでいきます。どんどん焼いてどんどん売れる、いい感じです。

【追記】
上記の文のうち「どんどん進む」というところは撤回します。
オープンして約1か月となる年明けに訪問してみたら、店員さんの人数が減り、以前よりゆったりしていて、番号札を使うようになっていて、支払いの後にも待ち時間ができていました。
オープン時は増員体制だったせいか、お店の人がみんな動きを止めず、ガンガン出していたんですけどねえ。さすがにお店としてもあの勢いを常時求められても困るってところかなあ。
そんなわけで、「普通のお店くらいの進み具合です」と訂正させてください。

アツアツだから、すぐに食べたくなります。

鳴門鯛焼本舗

メニュー

鳴門鯛焼本舗

一番人気はやっぱりあずきのたい焼き。

1個ずつ買ってすぐに食べる人もいますし、2~3個の人もいますし、数多く買って箱に入れてもらう人もいます。

5~6個、または10個で、箱に入れてもらえます。

鳴門鯛焼本舗

焼き立てが香ばしくて美味しいから、店内で食べるのもイイですね。

イートインの場所はレジと反対の位置なので、アーケード側から見ると気付かないかもしれませんが、よく見ると上の写真に写っています。

中はそんなに広くありませんが、L型カウンターで5~6席くらいあります。(これからイスがもっと増やされるかもしれませんね。)

鳴門鯛焼本舗

美味しいね~っ

鳴門鯛焼本舗

アツアツは香ばしくて甘くて美味しい。

そして、意外と冷めてからもまた違った味わいで美味しい。皮がいい塩梅の食感でした。

あんこの好みは人それぞれだと思うので、ぜひ食べてみてください。

あとね、特筆したいのが、冷めたときに「ガリガリ」する部分が無いことです。

(端っこが固くはなっているんですが、噛んだときにガリッっていわないのです。)

ガリッとかボリッというタイプだと、年配の人には差し上げたくないので・・。(それで歯が欠けたら困るもの←心配性)

大きさも程よい大きさでした。

持ち帰りのときは、わらび餅も一緒に買うといいかもね。

【追記】2度めのイートイン。焼き立てだからサクサク。生地はさっぱりした味でした。

鳴門鯛焼本舗

年末年始は休まず営業

鳴門鯛焼本舗

(天神って元旦は休みのところが多いですが、やるのかしら??)

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

鳴門鯛焼本舗 福岡天神店
福岡市中央区天神2-9-101
朝10時~夜11時
http://www.taiyaki.co.jp/

※営業時間等はオープン時の情報です。

スポンサードリンク