福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

博多阪急「金沢能登物産展」の日程と見どころ

イメージ

2月21日(水)から、博多阪急で「金沢能登物産展」が始まります。

小出、中田屋・・納得のラインナップに加えて、体験イベントに芝寿しも来ています。

どれも地元の味ですねえ。ほんとの金沢をのぞけそうな催事ですね。

スポンサードリンク

早くから告知

この催事の告知は、早い時期から行われているように思います。

上の写真は2月初めのものですし、そのときには既に広告チラシも配布されていました。

そんなに早くから出している催事は珍しいように感じます。

催事場の日程は、14日までバレンタインで、その後に一週間バーゲンもあるのですが、そのあたりの告知をすっ飛ばしての「金沢」告知です。

見どころは?

上のポスターで今回の阪急が推しているのは、「柴舟小出」のふくさ2種類や、「中田屋」のきんつば。

どれも昔からあるお菓子ですが、今も変わらず食べられているものですね。

イートインは近江町市場寿し。テレビ取材なんかでよく出るお店です。

「のどぐろ」は、おばちゃん界隈の認知度が高くて、催事でも「行きましょ、食べましょ」と誘いやすいパワーワードという印象です。(わたしは食べたことがないんですけど…)

あと、催事の特別企画として、「芝寿しによる 本ずわいがに棒寿しづくり」が企画されています。(受付終了)

芝寿しは押し寿司のお店で、昔から市民に浸透しているお店です。60年も続いている味だから、今の時代で言えばなんてことない地味な味かもしれませんが、時代を超えてそこにあるのがうれしい味です。 (以前の物産展では、笹寿司が早く売り切れて、入荷待ち表示になっているのを見ました。買いたいなら早めに確保するのが確実かと思います。)

「菊姫」「大友楼」「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」といった名前も、情報サイトでピックアップされています。ここらへんのお店もプレスリリースに載せられているということですかねー。

広告では・・

イメージ

広告も見てみましょう。

俵屋、諸江屋、うんうん、そうですね、わかります。俵屋はともかく、和菓子屋さんについては地元のデパ地下とか駅ビルみたいなラインナップですねえ。

起上り人形のもなかは、かわいいので観光ガイドブックによく載っているように思います。 (うら田と言えば、メレンゲ菓子の「さい川」がまず思い浮かびますが、北陸新幹線効果でこちらのもなかのほうが有名になりましたね。)

イメージ

かぶら寿司は「かばた」ですわー。これも納得のラインナップ。

食べ物だけでなく工芸品も見どころです。金箔、九谷焼、輪島塗、加賀友禅。予算さえあれば、どれも価値ある優美な伝統工芸ばかりです。

(豆餅食べたいなー。久しぶりに「菊姫」もいいなあ。個人的には、懐かしワードが多い催事だなあ。)

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

博多阪急「金沢能登物産展」
2018年2月21日(水)~27日(火)
※最終日は午後5時終了
8階催場

スポンサードリンク