福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【まず電話】はしか!? かかったときにどうしたらいい?(相談ダイヤル#7119)

麻疹感染時の対応啓蒙ポスター

(上記のポスターは、@minddive_9 さんが個人で作成なさったものです。公的機関が作成したものではありませんのでご注意ください。)

GWを挟んで、全国への拡大が懸念されている「はしか(麻疹)」

福岡でも次々と感染者が出てきました。

では、もしも、自分自身がはしかを発症したと疑われるときにどうしたらいいのか!?

この記事で皆さんに呼びかけたいのは「まず電話するべし」ということです。

かかりつけのお医者さんに電話する方法があります。

また、救急用の電話相談として、「♯7119」に電話して相談するという方法があります。

はしかだろうか?と自分で判断するのは難しいと思いますが、医療機関の待合室で空気感染した事例も多いため、受診の前にまず電話することが推奨されています。

※♯7119は、まだ全国展開していません。(福岡は対応)

スポンサードリンク

受診時の感染を防ごう

はしかの症状は、「感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。」(厚生労働省のサイトより)

感染力が強いので、注意が必要です。

はしかは、空気感染するウイルス感染症で、感染力が強い病気です。
(外来で、20分未満空間を共有した後に感染・発症した例が報告されているそうです。)

はしかの患者が予告なく病院に出向いた場合、病院のスタッフの方々や、受診に訪れた一般の方々に、はしかをうつしてしまう恐れがあります。

感染拡大を避けるため、受診の際には「別室へ案内」「免疫を持つスタッフが対応」が望まれます。(可能であれば「時間外診療」も)

そこで、いきなり受診に出向く前に電話相談を利用してアドバイスを受けるというのは、感染の拡大を防ぐ良い方法ではないでしょうか。

福岡県の♯7119

#7119(救急安心センター事業)は、病気やけがで困ったときの電話相談窓口です。

全国への普及を目指していますが、現在はまだ一部の地域でのみ対応しています。(2017年10月現在)

福岡県はやっています!救急医療情報センター(事業委託された公益財団法人「福岡県メディカルセンター」/平成28年6月30日業務開始)が対応しています。

麻疹感染時の対応啓蒙ポスター

(詳細:総務省消防庁

「♯7119」は、「在宅療養中の高齢者の方などの救急相談窓口」とされていますが、一般の成人や子どもの救急相談も可能です。

【受付時間】
24時間365日(年中無休)
【電話番号】
#7119 (短縮ダイヤル)
(又は 092-471-0099(福岡県救急医療情報センター)

音声ガイダンスが流れるので「2番」を選択してください。選択できない場合は窓口に繋がりますので「救急相談」である旨をお伝えください。

※「突然の激しい頭痛」「急な息切れ」「呼吸困難」など、緊急度が高いと思われる場合は、迷わずに119番通報をしてください。

【追記】
福岡の「#7119」は「何度かけてもつながらなかった」という声もあります。
2018年6月7日付の西日本新聞朝刊でも取り上げられていました。
(「応答率はシステム上わからない」「福岡県は回線数10・最大対応人数10人」とのことです。)

具合が悪いときは、つながらない「#7119」にこだわることなく、他の方法も考えてみてください。

(余談)どうやって病院に行くか?

はしかの可能性がある場合は公共交通機関を使わないように、と呼びかけられています。

わたし、車を運転しないんです。そういう場合はどうしたらいいんでしょう?

その回答はありません。

結局のところ、「ワクチンを2回接種している人、または中高年者に送迎を頼む」しかないようです。

ネット上では、「どうしても移動手段がみつからないときは、最寄りの保健所に相談してみてください。」という記載も見ました。相談されたほうも困るのでしょうが、かと言って誰にも相談できないというのも困ります。ほんと、どうしたらいいんでしょうね。

関連記事

▼関連記事 ⇒ 【麻疹】福岡県内ではしか患者が20名に拡大(2018年)

ご注意

※正確な情報は公式サイトでご確認ください。

※「♯7119」へ電話することは、考えられる一つの手段です。国が必ずそうしろと言っているわけではありません。

関連ページ
福岡県の救急医療電話相談窓口/福岡県ホームページ

スポンサードリンク