福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【麻疹患者数】福岡県内ではしか患者が6名発生→9人→14人→16人→17人→18人→19人→20人に拡大

【ご注意】正確な情報は、必ず県や医療機関の公式発表でご確認ください。

◆6月に入っても感染者が確認されています◆

*1人め (二次感染なしのため非公開)
*2人め 感染経路未特定
*3人め 2人めの患者から(5/1に医療機関)
*4人め 2人めの患者から(5/1に医療機関)
*5人め 2人めの患者から(5/1に医療機関)
*6人め 2人めの患者から(4/29に小売店)
*7人め 感染経路未特定
*8人め 感染経路未特定
*9人め 2人めの患者から(5/1に医療機関)
*10人め 感染経路未特定
*11人め 2人めの患者から(5/1に医療機関)
*12人め 感染経路未特定
*13人め 2人めの患者から(5/1に医療機関)
*14人め 2人めの患者から(5/1に医療機関)
*15人め 県外で発症につき県内に影響なし
*16人め 3人めの患者関連
*17人め 感染経路未特定
*18人め 健康観察中の方
*19人め 17人めの患者から(医療機関)
*20人め 患者と接触した可能性あり(5/23)

2018年5月15日現在、福岡県内では、さらに3名増えて合計9名の麻しん患者が確認されています。

2018年5月18日現在、さらに5名増えて合計14名の麻しん患者が確認されています。

2018年5月21日現在、さらに2名増えて合計16名の麻しん患者が確認されています。(※この2名は県外発症者と観察対象だったと思われる乳児なので、広がる心配は少ないと考えられそうですね。)

2018年5月22日現在、さらに1名増えて合計17名の麻しん患者が確認されています。

2018年5月25日現在、さらに1名増えて合計18名の麻しん患者が確認されています。

2018年5月30日現在、さらに1名増えて合計19名の麻しん患者が確認されました。

2018年6月9日現在、さらに1名増えて合計20名の麻しん患者が確認されました。

1人めの患者からは「二次感染なし」です。

その後に確認された16人の患者の感染ルートは、「2人めの患者を起点とした広がり」と「感染ルート不明」の2つが混在しています。

17人めの赤ちゃんはどこでうつったのか確認できないところが怖いですね。赤ちゃんの発熱・発疹なんてよくあるから、感染に心当たりがなければ、最初の受診時にはしかの可能性を意識するのは難しいですよね…。

19人めの子は、17人めの赤ちゃんから医療機関でうつったと思われるようですね?17人めを起点に新たに広がらないか心配ですね…。

20人めの感染者については、5/23に接触の可能性ということなのですが、もしも仮に18人め以降からうつったのなら患者が発症する前にうつったことになりませんかね?逆に、もしも仮に17人め以前からうつったのなら、感染が確認されているのに接触したということになりませんかね? あと、これは勝手な推測なのですが、20人めのこの方は予防接種を2回受けているということなので、もしも身近に感染者が発生したとしたら看病・手助け等が可能とされるかもしれません。

全体に見て、予防接種を2回受けている人でも発症していますね。症状は軽いかもしれませんが。

これまでにどんどん感染患者が増えて動揺が広がっていますが、私たちは、むやみに心配しすぎず、誤解は広めず、自分が今できることを心がけておきませんか。

スポンサードリンク

【追記】一覧表

発生状況が一覧表として載るようになりました。(掲載がテレビニュースより1日~半日遅い印象があるのが残念ですけど…。)

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/attachment/40862.pdf

はしかに関する情報

福岡県の県民向け情報ページ】に、はしかに関する情報が公開されています。

患者が受診した医療機関で感染が広がることのないように、はしかが疑われる方は「まず電話して」から受診するよう告知されています。

発熱、咳、鼻水、発疹、目の充血等 麻しんに特徴的な症状が現れた方は、事前に医療機関に電話で連絡し、指示に従って受診してください。

【初期症状】
・潜伏期間 10日から12日間
・発熱や咳などの症状で発症
・口の中の粘膜に1mm程度の白い小さな斑点が特徴的(発疹出現後2日目を過ぎるころまでに消失)
・全身に赤い発疹

【患者との接触者が感染する可能性がある期間に利用された施設(福岡県内)】

春日市内の複数の小売店
   4月28日午前9時頃(1施設)
   4月29日午前5時頃、午後6時から午後10時頃(2施設)
   5月 9日午前8時頃、午後7時半から午後8時半頃(3施設)
   5月12日(1施設)
   5月13日昼(2施設)
   5月14日午前8時頃(1施設)
   5月15日午前8時頃(1施設)

筑紫野市内の大型商業施設
   5月9日午後8時から午後8時半頃

太宰府市内の小売店
   5月12日午前11時から正午

福岡市南区内の小売店
   5月14日午後12時頃(1施設)
   5月15日午後12時頃(1施設)

(↑不特定多数が利用する施設のみ公開されているみたいですね。それ以外は健康観察の対象者を特定できるからということでしょうか。)

麻しんウイルスの空気中での生存期間は2時間以下とされています。

※5/15現在、全国の感染者数は125人になりました。福岡県内だけを心配しすぎてもあまり意味がないかもしれませんね。

電話相談窓口

はしかの初期症状は「風邪のよう」とも言われます。発熱や咳というのはよくある症状なので、その程度で医療機関に電話するのは、少しためらいますね・・。

そんなとき、福岡県なら「#7119」に電話して相談するという方法もあります。

▼関連記事 ⇒ 【まず電話】はしか!? かかったときにどうしたらいい?

感染者数と、感染経路

多くの人が不安として挙げているのが、「感染する可能性があった場所」について、具体的に施設名が公表されていないことです。

医療機関名等も公表されていませんが、そういう場所なら感染可能性のある人を特定できるので、公表する必要性は少ないです。

県は、個人情報を守りつつ、必要な情報を私たちに公開しています。

下記の福岡県のサイトには、患者の年代・居住エリア・感染ルート・発症までの行動などがPDFで公開されています。

福岡県/県民向け情報ページ

1例めの患者さんは「二次感染なし」ということで、今はデータが非公開になりました。

(ところで、みんな車移動なんですかね?)

今後も増える可能性

5月15日、「感染症危機管理対策本部」が設置されました。

なお、不安をあおるようで申し訳ありませんが、15日時点の報道によると「他にも感染が疑われる人が相当数いる」とも伝えられています。「健康観察中の方」として把握されている方か、確定検査中の方かもしれませんね。

【追記】18日付の報道によると、「(9人の感染が確認された時点で)県内の経過観察対象者が900人を超える」そうです。その後にさらに5人の感染(感染ルート不明の人を含む)が確認されたので、そこからさらに多くの観察対象者が発生したと思われます。

心配しすぎないでくださいね

私たちにできることは、「万が一、発熱などの症状が出たときは、むやみに外出しない。公共交通機関を使わない。」「電話してから受診する。」あたりですかね。

それから、「体調の悪い人がいたら、家でしっかり休ませる」も、できれば。

今、予防接種が打てない方、妊婦さん、新生児~乳児、予防接種を申し込んだら断られた方・・・、心配を抱えている方も少なくないかと思いますが・・・、どうか心配しすぎないでくださいね。

世の中では、大勢の人が予防接種を受けて抗体を持っています。福岡市では追加で打ってる子もいるくらい(下記)です。それに、私も含めてジジババ世代なんて、子どもの頃に発症済ですからね!

今みたいにごく少数しか発症していなくて、感染経路が追えるってことは、それだけ抗体を持っている人が多いってことですし。

だから、広まりませんとも。終息しますとも。どうか心配しすぎないでくださいね。

県には、感染者や観察中の方の行動把握を十分にやってもらいましょう。

そして・・・早く「終息して良かった!」と言いたいですね。

【参考】予防接種の接種状況

ちょっと古い資料ですが。

日本の麻疹対策・予防接種状況

(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/pdf/081125si.pdfより)

(余談)雑談

今回の福岡県内のはしか感染の広がりに関して、外国人観光客に由来する沖縄での大量発生が飛び火したように考えている人がいますが、公開されている情報によると、 県内の広がりの起点になってしまった患者さんは、感染したと考えられる期間に、沖縄県、愛知県などの訪問歴や海外渡航歴はありません。県内の患者との接触歴もありません。

(ご本人や周囲の方はさぞ驚かれたでしょうね。経過を拝見すると・・お気の毒です。)

沖縄での大量発生がなくても、そもそも、福岡は常に、非常に多くの外国人観光客を受け入れています。

逆に海外に行く日本人も多く、感染した状態で帰国する人もいます。

日本国内でも毎年患者が数多く発生しています。日本は「はしか排除国」ではありません…。

今回の騒動が終息しても、今後も「感染リスクが常にある」ことは忘れてはいけないと思います。

過去にも、平成19年・20年に、全国の大学などで10代~20代にはしかが流行したこともありました。

これからも、“抗体を持たない世代”が存在してそれが全体の人口にある程度の率を有する限り、流行する危険は常にあります。

麻しん対策を強化するため、平成20~24年度の5年間の時限措置として、麻しん風しん3期(中学1年生)4期(高校3年生)が実施されたことがあります。

けれど、今回の感染者の接種歴を見ると、2回接種の方もいます。2回接種ならほぼ抗体ができると言われますし、実際、発症は軽いようですが…。

関連記事

▼関連記事 ⇒ 【まず電話】はしか!? かかったときにどうしたらいい?

DATE

正確な内容は、必ず県や国などの公式発表でご確認ください。

スポンサードリンク