福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【天神ランチ】能古うどん天神ビル店は“穴場”でしょ(住所・営業時間・定休日など)

【天神ランチ】能古うどん天神ビル店

ゴールデンウイークに街に出たら、飲食店はどこも大混雑。

サクッと食べたいだけなんだけどなあ・・。

そんなときに、ここ、助かりました!

今年3月にオープンしたばかりの「能古うどん 天神ビル店」です。

スポンサードリンク

天神ビルB1F

この「能古うどん」が3月21日にオープンしたことは、以前、当サイトでご紹介しました。

場所は天神ビルの地下1F。

天神地下街からは、エスカレーターでワンフロア上がった場所にあります。

そのせいか、天神地下街が雑踏で歩きづらかったこの日でも、こちらのうどん店は待たずに入れました。

天神の飲食店は、ごはんもお茶もみんな入口で並んでいたので・・・ここが空いてて助かりました。

メニューは・・

メニューについては、人気ブログ「中年男の奮闘記パート2」さんなどでご覧ください。

能古うどんの肉うどん写真

能古うどんの肉うどん写真

連休中だったせいか、上の写真にちらりと写っている御膳はやっていませんでした。

「んーーー、んーーーー」と、なかなか決められず、迷った末に「肉うどん」にしました。713円(税込)

【天神ランチ】能古うどん天神ビル店

うふふ。美味しい。

品良く、安心して食べられるのがうれしいです。

なんていうか、全体的に、見た目や味や店内が“女性的”なのが、安心できて好ましいのだと思います。

能古うどんって、細くて、食感が割としっかりしているので、「福岡のうどんにコシは要らない」という名言に当てはめると、福岡ではストライクゾーンど真ん中ではないように思うのですが、それでも長く安定してお店が続いていますよねえ?

【天神ランチ】能古うどん天神ビル店

個人的な好みで言うと、本気の麺のお店だと冬でも冷たい麺を食べますが、ここは温かいつゆで食べたいと思うお店です。

「穴場」ですよね

ざっくりした印象ですが、ここは値段が少しお高めかなーという気がします。

近くのソラリアステージ地下の因幡うどんあたりだと、もう少し安いですもんね。

通りすがりには気づきにくい立地と、この価格感とで、こちらのお店は「知っている人が狙って来る」ように思えるんですが、どうでしょう。

だから、大型連休中のようなときだと、近くで働いている人が来なくなる分だけ、空くんじゃないかなー・・と。

ここはフロア自体に集客力があるので、閑散とすることはないでしょうが、いざってときに頼りになる「穴場」と言えるかもしれません。

店内の真ん中には、カウンター席っぽく使えるテーブルが置かれています。

【天神ランチ】能古うどん天神ビル店

【天神ランチ】能古うどん天神ビル店

小さいテーブルなら一人でサクッとイケますし、奥のテーブルならゆっくりおしゃべりしながら食べられそうです。使い道が多そうだなーと思っています。

夜は、もつ鍋やお酒が出てくるので雰囲気が変わるかもしれませんが、完全禁煙というところもありがたいです。

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

能古うどん 天神ビル店
福岡市中央区天神2-12-1
天神ビル地下1階
定休日 年末年始
11:00~22:00(オーダーストップ21:30*もつ鍋は21:00)
席数 46席
完全禁煙
http://www.noko-udon.com/

スポンサードリンク