福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【舞鶴】手打ちうどん円清の美味しい「カレーうどん」「肉汁釜揚げうどん」

【舞鶴】手打ちうどん円清の店頭

舞鶴に、新しいうどん屋さん「手打ちうどん円清」がオープンしています。(オープンは4月20日頃)

煮干しでとったダシが、とても麗しい味がします。

いわゆる福岡のうどんとは異なるのですが、ここ、とても美味しいと思います!

私は特に「カレーうどん」が好き! これ、クセになる味ですね。

スポンサードリンク

美味しいものが集まっているエリア

お店がオープンした場所は、舞鶴2丁目。

「大木戸」「デリマシェリ」「まぐろ屋 炭太郎」などが並ぶエリアです。

ちなみに、大通り沿いには駿台の寮が新築されておりまして、その角を入って「大木戸」を超えて少し歩いた場所にあります。新しい舞鶴小・中学校のすぐ近くです。

この「円清」は、埼玉の人気店を閉めて、福岡に移転してきたそうですね? オープン前から麺ツウの間でとても評判になっていました。

「カレーうどん」ハマるわ!

「まろやかでフルーティー」とメニューに書かれた「円清のカレーうどん」は半ライス付きで900円。

玉ねぎ、にんじん、トマト、りんごなど16種類の食材をふんだんに使い、2日間かけて仕上げたスープだそうです。

【舞鶴】手打ちうどん円清のカレーうどん

これ、美味しいですね~~~~。その場でおかわりしたいくらいでした。

甘くて滋味深いカレースープに、もっちりした麺が合います。

スープの食感としては、日清のスムージーパスタを連想して、“カレースムージー”みたいな感じ、かな。

これ、いわゆる「うどん」とは全く違いますね。

「円清のカレーうどん」という名前の新しい食べ物だと思いました。

味は全然違うのですが、傾向としては天神のカレー屋さん「Cfarm」を思い出しました。野菜たっぷりなところとか。

【舞鶴】手打ちうどん円清のカレーうどん

繰り返しますが、これ、美味しいわ。

味そのものも美味しいと思うんですが、それに加えて「味じゃない何か」のオーラをまとったメニューだと思います。

これを看板にして、これ1本でやっていけそうなくらいね、と思ったんですが、言いすぎでしょうか?

肉汁釜揚げうどん

【舞鶴】手打ちうどん円清のうどん

こちらは「肉汁釜揚げうどん」です。(700円)

甘辛い醤油味の汁に、炒めた豚肉の旨みと玉ねぎの甘さが加わって、こちらも美味しいです。

元のお店が埼玉にあったということですが、埼玉と言っても飯能市らしいんですよね。入間市のさらに奥なんです。だからもともとあのあたりの“地元の味”がどんな味なのか私は知らないのですが・・。

福岡で肉肉うどんや甘い味の醤油ラーメンなどを食べ慣れていても、違和感のない美味しさじゃないかと思いました。

それから、麺がつややか。

【舞鶴】手打ちうどん円清のうどん

裏打会とはちょっと違うし、讃岐とも違います。恵美うどんのつややかさとも違う気がするし、こまるなどとも違います。(結局「違う」としか言えない…すみません。)

つややかで、柔らかくも固くもなく、もさもさしない美味しい麺でした。

煮干しだし!

こちらの特徴は、店頭にも大きく貼り出されている「煮干しだし」です。

煮干し出汁の「あさりうどん」を食べてみましたが、煮干しのダシはとてもきれいな味ですね。あさりのだしも効いていて、二重の旨みが広がるぜいたくなうどんでした。

この煮干し出汁を作るには・・・良い煮干しを使って?内臓部分を取って?水で出すくらいするのかな?・・・澄んだ香りのする麗しい味の出汁でした。

ただ・・・うーん。この出汁は、福岡ではどうでしょう?受け入れられるかな?

あごとか、サバとか、クセの強い魚を好む土地柄なので、淡麗すぎて物足りないって言われないかな…。魚つながりでイケるかなあ…。

福岡は、昔からうどん好きな土地柄だけあって、こだわりが強いですよね。

タモリさんの名言「福岡のうどんにコシは要らない」は深いです。

だから、讃岐だって言っている相手にも「固い」「温かいつゆのうどんを出せ」「ごぼう天を出せ」と無茶な圧が…。過去にはあまたの讃岐うどん屋さんが去っていきましたね…(遠い目)。

その意味で、ここのカレーうどんなら、どなたにでもとても好まれそうな気がするんですけど、どうでしょう?

DATE

正確な内容は公式サイト(見つけられないのですが…)でご確認ください。

手打ちうどん円清
福岡市中央区舞鶴2丁目7-1

スポンサードリンク