福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【日記】有名ブロガーHagexさんが福岡で刺殺。当日の事件経過とネット業界への影響

イメージ写真

6月24日(日)夜、中央区大名で、人気ブロガーさんが刺殺されるという事件が起こりました。

繁華街で起きた殺人で、犯人が逃走したため、市民は大騒ぎになりました。

一方、ネット民にとっては「この日時?それってHagexさんでは!?」と、こちらも大騒ぎになりました。

その後、日付が変わる前に犯人が出頭したため、一般市民の動揺は比較的早くおさまりました。

けれど、Hagexさんのブログを読んでいる者にとっては、翌日に至っても未だに動揺が走っています。

そんな、当日~翌日のあれこれを、自分メモとして残しておきます。

イメージ写真

24日(日)夜8時前後に発生

サッカーワールドカップの試合開始を控え、今のうちに少し寝ておこうかとウトウトしていた夜10時頃、事件のニュースを耳にしました。

「旧大名小学校で、事件だって!」

その頃、ネットのニュースではさっくりとした概要が伝えられていました。

「今日?その時間?その場所?・・・ええええーーー!!!それってHagexさんのセミナーでは!?」

すぐに当該セミナーが思い浮かぶくらい、有名なブロガーさんです。

Hagexさんとは

彼が運営しているブログ「Hagex-day info(http://hagex.hatenadiary.jp/)」は、月間350万PV(*)を誇る人気ブログ。

(*数字は今回の報道から拾いました。私も過去記事で300万とかなんとか読んだ記憶があります。)

単純に割って1日に10万回、記事が読まれているくらいの有名なブログです。

近年、ご本人が「ゲスっ子」と自称されているので、「ゲスブログ」と称されることがあるかもしれません。

でも、私は「ゲス」な印象を持っていません。

昔はインターネット業界の話のブログだったように思います。今より匿名感があった印象です。 (今読み返してみると違う印象を受けるかもしれませんが、当時私はそう感じていました。)

それがいつの頃からか、ご本人の属性をほろほろとブログ上で出すようになり、「福岡出身」ということもたびたび書くようになりました。

ブログ内容も、「2ch」「OPEN2ch」のまとめ記事が始まり、ネットウォッチャーとして著名人等を批判する記事も増えました。

そして、最近は、イベントに出演したり、主催もするようになりました。

このあたりの変節に、読者として「どうしたのかなー?」と首をかしげる気持ちがありました。今、この事件を契機に、ご本人を知る多くの方がさまざまな思い出を語り出したので、「なるほど」と合点がいっています。(現在進行形)

今回の事件の報道で、ブログがどのように紹介されるか心配ですが、ただの「ゲス」にはこれほどのファンはつかないと思います。そして、まともな方だったからこそ狙われたとも・・。

市民大騒ぎ

夜8時前後に起きたと思われるこの事件。

犯人が逃走したため、現場周辺では大騒ぎになりました。

「ふっけい安心メール」では、逃げた犯人の特徴が流されました。

市民の間では「発砲音がした」とか、ちょっと間違った情報も飛び交っていました。

そんな中、西日本新聞さんが公式サイトで概要を流してくださっていたので、正確な内容を確認するのに役立ったと思います。これがなかったらデマがもっと広がりかねなかったかも。ありがたいです。(他社も発信していましたが、詳しくない社も多かったです。)

そして、ネット民は、みんなじりじりと続報を待ったと思います。

その夜11時半くらいには「犯人出頭」の一報が流れたので、市民の動揺はいったん収まったようでした。

ただ、ネット上では、「Hagexさんが!?」という動揺が深夜から翌日にかけて、どんどん広がりました。

夜12時からは、サッカー日本代表のセネガル戦だったのに、あんなにがんばった接戦だったのに、目が滑って頭に入ってこないという状況になりました。

試合中には、被害者の名前も報道されるようになり、Hagexさんだと確定されていきました。

現場は起業のスタートアップ施設

現場となってしまった「Fukuoka Growth Next(フクオカグロースネクスト)」は、小学校の跡地を利用した「官民共働型スタートアップ支援施設」です。

元の教室を利用したオープンな施設です。コミュニケーションの促進を狙ったカフェやバーなど、地元で人気の飲食店も入っています。(←知らない人は一部の報道に違和感を覚えたかもしれませんね。)

ここでは、イベントスペースが貸し出されていて、日頃から著名人によるセミナーや講演会の類もたくさん行われています。参加したことのある人も多いので、「あの場所で!」とショックを受けている人もたくさんいます。

なお、前身となる施設が、以前は国体通りにあったTSUTAYA(現在はドンキホーテ)の中にありました。(←適当な説明なので要確認です。)

ここは福岡市も行政としてずっと力をいれてきた施設なんですが・・大変なことになりました。

また、施設内には起業家向けのシェアオフィスもあるので、借りている方にも大変なことになりましたね。

対応にあたふたしている様子が伝えられています。

現場は臨時休業となっています。(追記:26日(火)から再開です。)

高島市長のブログも更新されました。
「【容疑者が逮捕されました】昨夜、フクオカ グロース ネクストで起きた事件の容疑者が午前7時5分に」
https://ameblo.jp/so-takashima/entry-12386222593.html

それから、福岡銀行さんがフォローに走りました。似た目的を持つコワーキングスペース「DIAGONAL RUN FUKUOKA」が、ワーキングスペースの無料開放を始めたそうです。

(追記:「天神COLOR」「The Company」も受け入れOKを発表したそうです。報道によると170の企業・個人が入居しているとか。影響が大きいですね。)

ネット上での発言に不安が・・

今回の事件の原因は、逮捕時点の報道では、「ネット上での発言(荒らし行為をとがめる発言)に対する恨み」とされています。

(犯行後に書き込んだと推測される匿名ダイアリーがネット上にあります。)

ネット上での恨みが現実社会での行動に結びついたことは、大変な衝撃です。ネット著名人・無名人を問わず、大きな動揺を与えています。

ネット全般も怖いですし、あと、はてブ(はてなブックマーク)の仕組みを知らないわたしにとっては、はてブも怖いなーと思わされます。(風評被害になったらすみません…)

ネット上のひとつの意見ですが、こういう感想を持つ方もいらっしゃいます。

あと、一般的な感想として、ネット界の今後について、「情報は閉じられたコミュニティの中でのみ共有される状況が、より加速されていくだろう」という見方も多いですね。

「怖い」という意識が定着すれば、今後のネットの世界は「広く公開された情報は(何らかの形で)お金目当ての誘導記事」「本音は閉じられたコミュニティの中で」と、大きく2分されていくのでしょうか。

ドメインの取り扱いやSSLなど、ネット界では発信責任が求められる方向にあり、「怖い」という意識とは両立が難しくなります。

個人的な想像になりますが、最終的には、検索の雄・googleが「匿名による情報発信」「報酬が第一義ではない情報発信」をどう扱うか、それがこれからのネットの在り方を決定づける気がします。

Hagexさんなら、この状況をどんなふうに語るでしょうね。ブログ読者の一人として残念でなりません。