福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

映画「カメラを止めるな!」を、一刻も早く観ないといけない理由【ネタバレしそうで危険】

映画「カメラを止めるな!」

映画「カメラを止めるな!」をご存知ですか。

「内容は一切説明できないんだけど、すごく面白いから、とにかく見て!」と、この映画を観た人が口を揃えてオススメしている映画です。

この映画を「見てみたいな!」という気持ちのある方は、この先を読まずに早く映画館に行ってください。

「ホラーは苦手で…」と躊躇している方は、大丈夫です!ホラー嫌いのおばちゃんの私でも、全然気持ち悪くなかったです。

「何それ?」と知らない方は、知らないままでもいいかも…。その程度の映画です。

だけど、こうしてタイトルを目にしてしまったのだから、やっぱり観に行ったほうが後悔しないと思いますよ!

(なお、当ページの最後で、ちょっとだけネタバレっぽいことを言わせてください。)

【追記】
8月17日(金)の報道ステーション(テレビ朝日系列)に監督が出演します。

スポンサードリンク

どんな映画?

「予算300万円のB級映画」

「低予算でこんな面白い映画が作れるなんて、スゴイ!」

などと言われています。

確かに安っぽい映画です。ポスターを見ても、いかにもB級っぽい感じがしますよね。

そんな映画の評判が、SNSで火がつき、話題になり、観た人が必ず誰かに勧めたくなり、噂がどんどん広まっています。

上映する映画館がじわじわと増えていきました。この増え方も「ありえない!」と言われるくらいです。

ちなみに、公式に発表されているあらすじや予告動画を見ても、この面白さは伝わりません。

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。

”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。

「カメラを止めるな!」公式サイトより

面白さを説明するとネタバレになってしまうから、何も言えないの。とにかく見て~」という、ワケのわからない勧め方になってしまうという、ある意味ひどい映画です。

だけど、そんな「とにかく見て」なんて曖昧な言葉だけで人々が足を運び、上映する映画館が全国にどんどん増えているところです。(現在進行形)

地方での上映も広がっていますが、なにこの新宿!

“感染”拡大中

福岡では、7月20日(金)から、キャナルシティ博多の「ユナイテッド・シネマ」で上映されています。

最初は小さいスクリーンで、夜だけの細々とした上映だったのですが(*)、2週めから昼間の回も出始めて、7月の終わりには連日売切れになりました。(*2日めに1回だけ午前上映がありました。)

そして、8月に入って、全国的に上映する劇場がどんどん増えているところです。

キャナルでも、今週末から上映回数が増えました。(水・木曜はいったん上映回数が夜だけに戻ったから心配しましたよ!)

そのうち1回は、なんとあの「プレミアム・ダイニング・シネマ」に選ばれています。「コード・ブルー」級の扱いです(笑)

さらに、8/7(火)には、なんと収容375人の特大スクリーンに抜擢されています。キャナルシティで一番大きなスクリーンですよ。

“ゾンビ”が出てくる映画の内容になぞらえて、「感染」という言い方で、感染が拡大しています。

「ゾンビ?ホラー?」←怖くないよ!

ゾンビが出てくるホラー映画?と思って、尻込みする人がいます。

大丈夫! 私もホラーは絶対絶対観ないほうの人間ですが、それほど怖くも気持ち悪くもなかったです。

いくつかのシーンで、若干「薄目気味」にして、直視しないようにはしましたが、なにせもともとチープな映像(っぽく撮っている)だから、気持ち悪いシーンは少ないです。

(それでも、中には「血のりもダメ」という方もいらっしゃるでしょうから、予告動画がダメな方は鑑賞を避けたほうが良いかもしれません。)

客層は大丈夫?

これは、ほんっとぉぉーーーに、わたしだけの「迷う点」なのですが、客層が心配で、観に行くことに迷いがありました。

「汗びっしょりの、絶対避けたい雰囲気の、男性ばかりに囲まれたら怖い!」って。

実際の客層はと言うと、私は1回しか見ていませんが、7月平日の夕方の時間帯では、客層が老若男女にバラけていた印象です。(個人の感想です。)

学生っぽい子は少なかったかも。

“奥様ペア”という感じの人も見かけませんでした。

今あらためて考えてみても、私だったらママ友はこの映画には誘えませんね…。

今週末からは「プレミアム・ダイニング・シネマ」の回があるので、それを選ぶと不安なく快適に見られるかもしれません。

(実際、私は、できるならプレミアムダイニングシネマで見たかったです。でもチケットを買うときに「さすがにプレミアムダイニングシネマではやらないねえ」「そりゃそうでしょう」と会話したくらいです。まさかやるとは!こんなことなら今週まで待てば良かった…)

この映画の面白さ(と、面白くない点)

ネタバレにならないように気をつけて、公式サイトで公開されている範囲で、この映画の面白さをご紹介します。

まず、何よりも、誰もが口を揃える「話してしまうとネタバレになる」というその構造が一番の面白さだと思います。

あと、これもよく言われますが、出演しているのがみな無名俳優なので、誰が重要な役どころなのかがわからず、話の展開の予測ができません。「どうなるかわからない」まま最後まで見続ける映画です。

それから伏線が上手です。観終わった後に「よくできているなー」と気づきます。(無意識に違和感を覚えていた点まで回収されていました。)

ただ、悪口を言って申し訳ありませんが、やっぱりチープな映画だから、製作費をたっぷりかけた超大作と比べると、スケール感とか映像の見ごたえという点ではかなり見劣りします。

「そりゃそうだ」と言われそうですが、大作映像を見たとき独特の満足感が得られないというのは、結構大きな欠点だと思うのですよ。

だから「面白い」という一点に評価が集中してしまい、期待値のハードルが上がってしまう危険があります。

ハードルが上がる前に見てください。ぜひ。

小学生も知っている

何よりも「気になるなら見たらいいよ!」と思う一番の理由は、小学生でもそのタイトルを口にしていたからです。

夏休み映画を観に来た小学生が、大きな声で「あ!『カメラを止めるな!』だ!」って言うんですよ。

ここまで浸透しているなら、もう話題はお茶の間に達していると思ったほうがいいでしょう?

今後、もっと話題になるはずです。早く観ちゃってスッキリしましょう。

でも・・なぜ小学生でも知ってるんですかね?

テレビで取り上げられつつあるから?かな。

ネタバレが広まる前に見てー

この映画を「早く観てー」とオススメするのは、うっかりネタバレに触れてしまう可能性がじんわりと高まっているからです。

今のところ、誰もがネタバレを語っていないようです。(この団結力はスゴイね。)

だけど…だけどね、感想を語っている人を見ると、その感想の中に「余計なひとこと」が入っていたりするんです。

もうね、先入観はナシで!みんながそう勧めています。

追記:どんどん余計なことを言う人が増えています。新聞等にも余計なことが書かれています。せっかく誰もが「何も言えない!」と黙ってきたのにね。

【ネタバレ注意】福岡はぜひ

この項目はある種の「ネタバレ」です。(「ネタバレ」って言っちゃうところが「ネタバレ」です。)

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓

福岡の人はこういう映画を楽しむのが上手だと思うわ。

もっと突っ込んで言うと、福岡の観客はこういうときに感情をストレートに表すので、制作側がとても喜ぶ状態になっていると思います。

この「福岡の観客は・・・」というのは、他の舞台等でもよく言われることなので、これだけでピン!と来る人がいそうです。だから「ネタバレ」だと言いました。

(福岡弁が出てくるとか、そういう郷土愛的なことじゃないですよ。)

(舞台挨拶をやっているから、出演・制作の皆さんも一度は来福しています。そのときに観客の反応を見ていると思うので、喜んでいただけたのではないかと思うのですが、どうかなあ。)

だから、なおさらです。せっかく福岡で上映しているんだから、ぜひ見てみたらいいんじゃないかなあと思う次第です。

報道ステーションに監督出演!

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

「カメラを止めるな!」公式サイト
http://kametome.net/

(参考リンク)監督から直々に「福岡支部宣伝隊長」を命名されたtwitter
https://twitter.com/malyu0323

ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
http://www.unitedcinemas.jp/canalcity/film.php?movie=6894&from=daily

スポンサードリンク