福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【秋のおやつ】ほうじ茶のスイーツが続々と

ほうじ茶チーズタルトのサイト写真

9月に入り、気持ちが一気に「秋」になってきました。

洋服の色が、「白」は、もう気分じゃないですね。

今年買った白ブラウスを、もっと着なくては!!今年のデザインなので来年は好みが変わっているかもしれない!!汚したらもったいないと着なかったけど、着ないほうがもったいなかったort…

さて、おやつ界も9月に入って、グッと秋モードになってきました。

今年の秋も「ほうじ茶スイーツ」がちらほら出てますね~。

スポンサードリンク

ベイクのチーズタルト

ベイクのチーズタルト、秋の季節限定メニューは「加賀棒茶チーズタルト ほうじたて」です。

このほうじ茶のタルトは、専用の特設サイトが作られています。そそられます。

福岡には天神地下街にお店があります。

最近は、平日昼間なら数人程度が並んでいるくらいの感じなので、今なら買いやすくなっていると思います。(※わたし調べ)

(加賀棒茶って、わたしの出身地のほうなので(普通に「番茶」と呼ぶのですが)、離れて何十年経ってもやっぱり気になってしまいます。でも、日常で飲んでいる「お茶」なので、いくら丸八製茶場がブランド化しても、「そ、そんな日用品でいいんでしょうか…」とオロオロしちゃうなあ)

ほうじ茶チーズタルトの写真

【追記】食べました。やっぱり美味しい。ほうじ茶の香ばしさが立ち上ります。「チーズと合うかな?」って懸念がありましたが、合う合わないということじゃなかったです。

タニタ食堂のデザート

タニタ食堂R監修のデザートの写真

9月4日(火)新発売の、「タニタ食堂 監修のデザート ほうじ茶プリン」です。

(※2018年12月頃までの期間限定商品です。)

クリーミーなほうじ茶プリンに、香ばしい香りのほうじ茶ソースを組み合わせたデザートです。

カロリーが「100kcal」というのがうれしいシリーズです。

ちなみに、このほうじ茶プリンと入れ替わりで、今夏商品の「パンナコッタ風プリン ベリー&グレープソース」は終わるようです。(私の手元にあるプリンの賞味期限は10月3日だから、まだしばらくは店頭で売られているかもしれません。)

タニタ食堂R監修のデザートの写真

三越・喜水亭のほうじ茶パフェ

三越・喜水亭の写真

ほうじ茶の甘味と言えば、ここが割と穴場な気がします。

8Fにあって、通りすがりには気づきにくい場所ですし、外からは店内の様子が見えません。

安いんです。ほうじ茶パフェは800円(税別)、アイスクリームが3種類選べる和風パフェも800円(税別)、それぞれのミニパフェは600円(税別)です。

(↓)これ、今年の初めくらいの古い写真なんですが、ミニパフェじゃなかったかな。(ほうじ茶アイスを選んでいない…?)

三越・喜水亭の写真

ほうじ茶パフェと言えば・・

ほうじ茶パフェと言えば、「ナナズグリーンティー」や、博多シティの「京はやしや」も思い浮かびますね。

ああ、いいなあ。行きたくなりました。

関連記事

秋のお茶は、10月13日(土)・14日(日)開催の、ルピシアのイベントで買おうかなーと思っています。

▼関連記事 ⇒ ルピシア「グラン・マルシェ」(2018年)

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

スポンサードリンク