福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【驚き!】大濠花火大会が今年で終了

大濠花火大会終了のお知らせ

大濠花火大会(西日本大濠花火大会)が、今年の56回を最後に終了になりました。

もう二度と見られないなんて。

※各所の反応を追記しました。

スポンサードリンク

コメントが出ています

大濠花火大会終了のお知らせ

大濠花火大会終了のお知らせ

西日本新聞の公式サイトに、主催者からのお知らせが掲載されています。正確なコメント全文はそちらでご覧ください。

(https://www.nishinippon.co.jp/nlp/event/hanabi/)

長い文章にぎゅっとたくさんの情報が込められています。

14日付の西日本新聞にも、全面広告で同じ文章が掲載されています。

安全確保が困難に

毎年40万人以上が訪れていたそうです。今年は43万人という発表でした。あの広さに43万人!43万人!

規制に反して入場しようとする方、出入り口以外から会場に侵入を試み、負傷して病院に搬送された方もいました。園児や児童が大切に育てていたヒマワリ花壇が観覧者に踏み荒らされるという痛恨の出来事は、会場の収容人員をはるかに超える観覧希望者が殺到している現状の一端だったとも言えます。周辺道路に人があふれ、多数の座り込み観覧が生じていることもパトカーや消防車の緊急出動を妨げかねず、街の安全を脅かしています。

今夏の猛暑も混雑に拍車をかけました。多くの観覧者が開始時刻の午後8時の直前まで公園外で待機し、開始と同時に一気に入場する現象が起きました。誘導員が整理に努めましたが、一時は制御能力を超え、身の危険を覚えるほどの事態に陥ったことも事実です。

珍しい花火大会でした

コメント文中にもありますが、大濠花火大会は、大変珍しい花火大会です。

街なかで開催されて、全方向から見ることができるという、稀有な花火です。

市民にとっても、普段の生活圏でやっていて、自宅からでも大きく見える人も多い、身近な花火です。

「興味ないわ~」と思っても、すぐ近くでドンドン鳴りだすし、うっかり忘れて外に出ると見物客に巻き込まれかねないから、市民はみんなスルーもできません。

この花火が見えるお宅に集合するという、年に1度の楽しみをお持ちの方も多いはず。

花火が見えるからという理由も、このあたりのマンションを買う理由のひとつになっていますよね。

また、見に行かない人も、混んでいるから避けているだけで、本当は見に行きたい・・とよく聞きますね。

ああ、無くなってしまうのかー。残念ですね。

でも・・残念と思えるくらいなら気楽なのでしょうね。開催側の方々は毎年緊張なさっていたことでしょう。警備の方々のご苦労は想像を超えることでしょう。 迷惑を被って耐え続けてきた近隣の方々にとっては気が晴れる思いでしょう。やっとやっと終わることになった、と安堵が先に立つ方も決して少なくないのでしょうね…。

【追記】TNCの番組より

9/15オンエアのTNC「土曜NEWSファイル CUBE」でも、この話題を取り上げていました。

レギュラーコメンテーターとして西日本新聞の方が出演なさっているのですが、社側からの話をなさっていました。

以下、私のうろ覚えなので間違っているかもしれませんが・・

▼今年は最大限の警備体制を敷いた。警備に420人と警察等を併せて1,000人規模の警備を行った。 (けれどこのような危険な状況になった。)

▼ひまわりの件は一部の不届き者が荒らしたという話ではなく、そこを(観客が入る場所として)あけなければ危ない状況だった。

▼警備をどれだけ手厚くしてもそれ以上に人が来る。

・・・といったような話をしていたように記憶しています。(間違っていたらすみません!)

もう、本当に、限界という感じで、それでもずっとギリギリのところで開催されてきたのですね・・。

あと、番組では(発表当日のローカルニュースで取り上げられていた内容とも重なりますが)、岩井ホテルでは屋上から見られて今年も10組ほどが来て来年もということだった、とか、サンヨーホームズが広告に花火の写真を使っているので、とか、 山の上ホテルが400席(大人13,000円)作っているのに、とか、そういった街の影響も取り上げられていました。

関連記事

最近「ええーっ!?」と驚く声が多かった話題は、他にこんなものがあります。

▼関連記事 ⇒ 天神地下街の「ロッテリア」が閉店しました。

▼関連記事 ⇒ 稚加榮(ちかえ)の昼定食(サービスランチ)が終了

▼関連記事 ⇒ 「古式生そば ひさや」が閉店

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

スポンサードリンク