福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【10月26日オープン】「ゴンチャ(貢茶)」のオーダー・カスタマイズ方法

ゴンチャ(貢茶)

全国各地で大人気の台湾ティーカフェ、「ゴンチャ(貢茶)」が、間もなく福岡でもオープンします。

原宿表参道店では、今や、平日でも約1000人が詰めかけるほどだそうです。

カスタマイズできるのが特徴です。

福岡で初めて飲むという方は、オーダー時にモタモタしなくて済むように、しっかり予習しておきましょう!

スポンサードリンク

ゴンチャとは?

ゴンチャ(貢茶)のイメージ写真

「ゴンチャ」は、2006年に台湾で誕生し、アジア、オセアニア、北米エリアなどで約1,400店舗を展開する台湾ティーカフェです。(2017年12月現在)

日本へは2015年に東京・原宿表参道に上陸し、現在、全国各地へ展開中です。

福岡へは10月26日(金)にオープンします。

ゴンチャでは、上質な4種類の台湾ティーを、茶葉ごとに最適な発酵・抽出プロセスを徹底しています。

さらに人気の秘密となっているのは、パール(タピオカ)をはじめとした各種トッピング、ドリンクの甘さや氷の量など、全てお好みでカスタマイズできることです。

だから、マスコミの記事ではスタバと比べられることが多いようです。

日経クロストレンドは参考記事(有料記事)です。平日でも1000人ってスゴイですね。

こちらの記事では、日本だけはコーヒーを置いていないというくだりが出てきます。確かにあると無いではブランドイメージが変わりますね。

新館地下2F

ゴンチャ(貢茶)福岡パルコ店の工事風景

ゴンチャがオープンする場所は、福岡パルコ新館の地下2Fの入口のところです。

前は「侑久飯店」「タイムカード(ハイボール飲み放題)」があったところです。

オーダーの仕方を覚えておきましょう

ゴンチャはカスタマイズできるのが特徴です。ということは、オーダー時にモタモタすると迷惑ですね。

せっかくだから予習しておきましょう。

ゴンチャ(貢茶)のオーダー方法

公式サイトに掲載されている、オススメを選ぶのも良さそうですね!スタッフさんに伝えやすそうですしね。

ゴンチャ(貢茶)のメニュー

トッピングでは、本場・台湾直伝のレシピで店舗にて丁寧に調理しているという、『パール(タピオカ)』や『ミルクフォーム』は、はずせないなあ。

ゴンチャ(貢茶)のトッピングメニュー

カスタマイズの選択肢は、甘さと氷の量は「普通」や「少なめ」と答えるように決めておくと、他の項目に集中できるな。(自分メモ)

福岡情報
(画像クリックで別窓拡大)

上質な茶葉を使って丁寧に淹れているというお茶もストレートで飲んでみたいんですけど、ここまで手が回るのはたぶんかなり後になりそう。

ゴンチャ(貢茶)のメニュー

オープンが10月下旬だなんて遅いわねえ…と思っていましたが、遅くて良かった。夏メニューまで入ってきたら、こりゃ本当に選べませんもん。

(余談)タピオカと言えば・・

台湾ティー、タピオカと言えば、春水堂(最初は天神、次に博多)ができたときもお客さんが並びましたね。懐かしいなあ。

天神がオープンしたときは、テイクアウトだったら並ばずに買えたので楽でしたが、今度のゴンチャはそうはいかないんだろうなあ。カスタマイズでモタモタして、ますます行列が伸びそうな気がして怖いなー。(すでに尻込み)

▼関連記事 ⇒ 台湾カフェ「春水堂」9/16(金) オープン

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

スポンサードリンク