福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【最新技術で遊べる】マークイズ福岡ももちの屋内プレイランド『あそびパークPLUS』

あそびパークPLUSのイメージ

11月21日(水)にオープンする、百道浜の大型商業施設「マークイズ福岡ももち」

その3階にできる、有料の子ども向けプレイランド『あそびパークPLUS』をご紹介します。

目玉のひとつは、「本物の海のような感触を味わえる」という最新テクノロジー!

他にも、西鉄電車&バスとコラボした、足こぎのペダルカーなんて楽しそうです。

スポンサードリンク

親子で遊べる

『あそびパークPLUS』は、0歳~12歳の子どもとその家族を対象にした、有料の室内プレイランドです。

全国に展開していて、ここ福岡ももちは13店舗めの出店となります。

ここを手掛けているのは、バンダイナムコアミューズメント。

ナムコならではノウハウを投入した最新型の遊具も設置されています。

最新技術で海を再現

あそびパークPLUSのイメージ

「屋内砂浜 海の子」のコーナーでは、最新のCG・立体音響技術を使って、海を再現しています。

サラサラの砂に打ち寄せる波間を裸足で走り回る気持ちよさや、海の生き物を追いかけ自分で捕まえる喜びを味わえるそうです。

西鉄のペダルカー

あそびパークPLUSのイメージ

西鉄のバス・鉄道車両をデザインした、足こぎのペダルカーもあります。

(このコーナーは、みなとみらいのあそびパークPLUSでは東急電車になっているのが面白いです。)

身体を動かしたり、集中したり・・

あそびパークPLUSのイメージ

アスレチック遊具や空気膜遊具で体を動かしたり、砂遊び、土のう積み遊び、大型ブロックなどもできます。

乳幼児専用コーナーも

赤ちゃんのために、18か月までの乳幼児専用のあそび場コーナーもあります。

利用料金

利用料金は、最初の30分が630円/以降10分150円で、1時間遊ぶと1,080円になる計算です。

平日は1,500円のフリーパス券がお得です。

利用に当たっては、大人の付き添いが必須です。大人も料金が必要で、630円(延長料金不要)です。途中で交代もできます。

なお、途中退場については、トイレ利用の際に入退場可能です。(平日フリーパスの場合は何度でも入退場可能)

オープニング特典

「11/30(金)まで、ご利用のお子様にお菓子プレゼント!(先着200名/各日)」とのことです。

(※変更があるかもしれないので、最新情報をご自身でご確認ください。)

(雑談)遊ぶところが増えましたねー

今回の『あそびパークPLUS』ができて、他にも福岡市科学館やアンパンマンミュージアムもありますし、それから2022年春開業予定のららぽーとには「キッザニア」ができる予定ですし、 有料の子ども向け施設がどんどん増えていますね。

ちょうどこれから親になる20代~30代の子たちにとっては、「自分たちの頃は何もなかったのにー」って話ですね。

(公共の児童館すら、福岡市にたったひとつしかなかったって時代でしたよね?確か。)

いずれも利用料金が気になりますが、そのぶん安心して楽しめるのが良いですね。

商業施設内にあると、他の買物や用事も一緒にできる点もいいなあと思います。

習い事の前後みたいな短い空き時間でも、サクッと遊ぶこともできますしね。

関連記事

▼関連記事 ⇒ マークイズ福岡ももちの気になるお店

DATE

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

あそびパークPLUS(プラス)マークイズ福岡ももち店
10:00~19:00 ※最終受付18:30
https://bandainamco-am.co.jp/kids/asobiparkplus/

スポンサードリンク