福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

【福岡市】(予定)接触確認アプリ「COCOA」を入れるとインフルエンザ予防接種が1,000円に

イメージ

※正式決定前です。本記事は8月26日の市長会見の内容をご紹介しています。詳しい正確な内容については、正式決定後の発表でご確認ください。

福岡市では、新型コロナウイルス感染症対策として、子どもと高齢者の「インフルエンザ予防接種の費用」の一部助成を行います。

接触確認アプリ「COCOA(ココア)」をインストールしていれば、自己負担額「1,000円」で受けられます。

制度は10月1日からスタート予定です。接種開始日からですね。

スポンサードリンク

制度概要

8月26日市長会見の資料はこちらです。
https://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/77325/1/kaiken_influenzayobou0826.pdf

接触確認アプリ「COCOA(ココア)」をインストールしている福岡市民のうち、子どもと高齢者を対象に、自己負担1,000円でインフルエンザの予防接種が受けられるよう助成します。

【概要(予定)】
※正式決定前です、ご注意ください
事業目的
■秋から流行が始まる季節性インフルエンザの発生を抑えることで,新型コロナウイルスの感染拡大と重なる同時流行を防ぎます。

事業の概要
■対象者 生後6か月~高校3年生相当※ 及び 65歳以上の福岡市民の方
※令和3年4月1日時点で18歳
■自己負担額 1,000円(1人1回)
■期間 令和2年10月1日~令和3年1月31日まで
■接種場所 福岡市が指定する医療機関
※制度の利用条件:新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をスマートフォンにインストールしていること
市長会見の資料より

接種場所が「福岡市が指定する医療機関」と書かれていますが、通常予防接種をやっている医療機関は対象になるようです。(アプリ確認には協力しない、と言えば対象外になるのでしょうね。)

スマートフォンを持っていない方については、「窓口等で補助を申請するときにスマホを持っていないということを言えば、スマホを持っていてアプリを入れている方と同じ扱い」「子どもは親が持っていればいい」となるそうです。

※正確な内容は議会を通った後の正式発表でご確認ください。

接触確認アプリ「COCOA(ココア)」とは

イメージ

イメージ

詳細
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000642043.pdf

ココアから通知が来たら、PCR検査を無料で(=公費で)受けられるようになった……はずです。(市長も会見でそう言っていたと思いますし、国から各自治体に通知が出ているんですが、WEB上で確認がうまく見つけられないです…。)

折良く、と言っていいのかわかりませんが、8月27日に「福岡市初、COCOAの通知を受けてPCR検査を受診した人が陽性判明」と発表がありました。

【備考】
COCOAをインストールしている人は、現在決して多くありません。
そもそも利用者が少なければ有用性が下がりますし、その点以外にアプリそのものにもいろいろな意見があるようです。
インストールの際はご自身でご検討ください。

今回の意義(一例)

(なにせこれだけ陽性者が出ている福岡市ですから、という前提で)

・まずは物理的に近くにいた人から検査をするのは合理的

・インフルとコロナは症状が似ているところがあるので、医療現場での無用な混乱を少しでも減らすため

・学級閉鎖のリスクを減らすため

・副次的には、医療機関の経営悪化に対する対策という側面も

(備考)高齢者は優先接種

今冬のインフルエンザワクチンは、高齢者・医療従事者・妊婦・子どもが優先として、協力を呼びかける方針だそうです。(あくまで「呼びかけ」です。)

イメージ

供給のほうは問題なさそうで何よりです。

「接種開始(10月1日)時点の供給量も含め、全体的に出荷が早まる見込み」とのことなので、高齢者やハイリスクな方は10月になったら、そうじゃない方も医療機関の混み具合を見て早めに、ちゃっちゃと受けてきましょうかね。

関連記事

2020/21シーズンのインフルエンザワクチンの供給について
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000664029.pdf

DATA

※当記事は無理な外出を推奨する意図はありません。ご自身でご判断ください。

正確な内容は福岡市の公式サイトでご確認ください。

スポンサードリンク