福岡アンテナ

福岡で楽しく暮らすためのTips

福岡市で受けられるPCR検査、郵送・当日受付・即検査など

2021年、新たな年を迎えて、感染者数は一段と深刻さを増してきました。

このページでご紹介するのは「福岡で受けられるPCR検査」です。

いざというときに慌てないように、心の準備としてまとめてみました。

(追記:参考情報として、専門家の方の記事「新型コロナの症状、経過、重症化のリスクと受診の目安(2021年1月)」もご紹介しておきます。)

スポンサードリンク

福岡市公式サイト

イメージ

▼福岡市の情報まとめページはこちら
福岡市公式サイト

【受診したいとき】
(1)まずはかかりつけ医へ電話
(2)相談先に迷う人は相談ダイヤル(受診・相談センター)へ電話 ※24時間対応
(電話番号はこちらで見てください)
(3)もしくは、診療・検査ができる医療機関の一覧を見て電話でもいいかも
(一覧はこちらの「福岡市で診療・検査ができる医療機関」の部分をタップして見てください)

▼(参考リンク)福岡県の感染情報はこちら
福岡県公式サイト

【追記】高齢者の検査は半額補助

福岡市では、高齢者(感染の疑いがない人が対象)がPCR検査を受ける場合に、検査費用の半額を助成しています。

(発熱しているといった感染疑いがある場合は、そもそも行政検査(自己負担なしの検査)となるので、この半額補助の話は関係ありません。)

・対象期間:2021年1月12日(火)~2021年3月31日(水)
・福岡市内に住む65歳以上(検査日時点)の方
・自己負担額:6,000円(検査当日に医療機関でお支払い)
・検査場所:市内の実施医療機関(事前申し込み)
・助成は実施期間中に1回限り
その他詳細は
https://www.city.fukuoka.lg.jp/hofuku/coronataisaku/koureisyapcr.html

(ただ、受けたとして、陽性だったとして今の福岡市で無症状者が即入院できるのか誤判定だってあるから入院がベストでもないかもしれないし…。)(と思うと、たぶん状況によっても意見や判断が変わるところかと。)

【無症状対象】にしたんクリニック(スピード検査あり)

イメージ

イメージ
(この写真は2021年1月のプレスリリースで提供されたものです)

無自覚・無症状の方を対象とし、「診療なしで、自宅で唾液を自己採取し、返送する」形式です。(公的な陰性証明書の発行を希望する人は、オンラインでの唾液採取などの診察が必要です。)

■価格(まとめ買い形式)
<個人>
1回分:15,000円(税抜)(15,000円/1回)
5回分:60,000円(税抜)(12,000円/1回)
10回分:90,000円(税抜)(9,000円/1回)
<法人(企業・団体)> 価格は各法人・団体からの相談に応じてご案内

【配送の場合】WEB申込→追加料金を払えば最短で16時(土日祝15時30分)までの申込で翌日(一部地域は翌々日)着で当日発送→唾液を採取して速達郵便で返送→検査機関に到着後約24時間でメールで結果が届く

【福岡はスピード検査もあり/追加料金あり】WEB申込→最短で1時間後に受け取り(ただし受け取れるのは11:00~16:00)※中洲で街頭にいるスタッフから直接受け取り→そこらへんで自分で採取→福岡は18:00までに引き渡し(翌日でも可)→最短3時間~当日中にメールで通知

ちなみに、ここの検査キットは「サンドラッグのオンラインショップ」「ココカラファインのオンラインショップ」でも取り扱っていますが、発送や輸送にそれなりの時間がかかりそうなので、急ぐ方はにしたんクリニックの公式サイトを利用するのが一番早いかもしれません。

使用期限はキットを受取ってから6ヶ月間です。複数回用チケットも有効期限は購入後6ヶ月間で、再発行や払い戻しは出来ません。

東京のほうではドラッグストアでの検査キットの販売があったりするようですが、福岡ではどうでしょう?いずれはそういう方向になるんですかねえ…。

【ご注意】
こちらの会社を取り上げたのは、「福岡で早い検査が可能」「ドラッグストアとタイアップ」という点があったからです。
私にとっては知らない会社ですし、特にオススメするわけではありません。ご利用を検討する方はご自身で十分にご判断ください。

(参考)市内のクリニック

ネット検索でも、検査を行っているクリニックがたくさん出てきます。(いろんな検索ワードを試してみてください。)

前述の「診療・検査ができる医療機関の一覧」では「検査を受けられる」ことしかわかりませんでしたが、検索で調べると検査の詳細もわかります。

検査方法としては唾液を使った検査をするところが多いですかね。また、検査を受けられる人はクリニックによって規定がさまざまです。無症状の方だけを対象にしていたり、症状のある方も相談できそうな感じだったり、かかりつけの患者さんのみ対象とか、取り扱いが分かれます。

抗体検査を受けられるところもありますね。抗体では検査の目的が少し違ってくると思うのでよくご検討ください。

(参考)安易な検査には課題も

簡単に受けられる検査機関の一部には、課題もあると指摘されています。

例えば、自費で受けられるところの一部は、「陽性の場合は自分で保健所に届け出る」というところもあるそうです。

本来であれば、陽性の場合は医療機関から保健所へ連絡が行き、フォローが入るのですが、そこから漏れてしまうわけです。

その点について、テレビ等でおなじみの忽那先生が、こんな記事で注意喚起しています。

「安価な新型コロナPCR検査センターの課題 陽性だったが対応がとられず重症化した事例も」Yahoo!ニュース 2020/12/19(土) 13:09

また、この記事中で、感染による呼吸不全に関してこんな怖い一節もあります…。

「幸せな低酸素症"happy hypoxia"」と呼ばれるほど、体内の酸素が極度に低下していても自覚症状が強く現れないことがよくあります。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20201219-00213318/

かと言って、何でも検査すれば良いのかは、状況によってや視点によっても意見が分かれるところです。

(参考情報)専門家の記事

Twitter

DATA

※当記事は無理な外出を推奨する意図はありません。ご自身でご判断ください。

正確な内容は、それぞれの公式サイトでご確認ください。

スポンサードリンク