福岡アンテナ

福岡で楽しく暮らすためのTips

博多阪急「ビチェリン」オープン!イタリア・トリノの老舗カフェ

イメージ

博多阪急の5Fに、トリノの老舗カフェ「Bicerin(ビチェリン)」が、3月12日(金)にオープンしました。

以前はマンゴープリンがあったところ。

JR博多シティで休憩したいと思ったとき、今ならここかな!って思います。

スポンサードリンク

ビチェリンとは

ビチェリンは、1763年イタリア・トリノに創業したという老舗カフェ。

イタリア初代首相カブールや哲学者ニーチェ、『三銃士』『モンテクリスト伯』の著者アレクサンドル・デュマ・ペールに愛されたトリノ最古のイタリア伝説の老舗カフェ『Bicerin』。
店名を冠したチョコレートドリンク『ビチェリン』は、文豪ヘミングウェイに『世界で残すべき100の物』の一つに選ばれたと言われています。
『蝶々夫人』等でも有名な作曲家プッチーニは、オペラ『ラ・ボエーム』の作中にて『Bicerin』をモデルにした『カフェ・モミュス』のシーンを記譜しており、イタリア王国最後の国王ウンベルト2世は、ポルトガルに亡命する前に『Bicerin』を訪れチョコレートドリンク『ビチェリン』をお召し上がりになりました。
現在もイタリア コンソラータ大聖堂の向かいにある本店では、多くのお客様を魅了しています。

日本では、銀座シックス・新宿髙島屋・名古屋ミッドランドスクエア・阪急うめだ・六本木ヒルズにカフェを出店しています。(焼き菓子は他にも羽田空港などで売られています。)

そんなお店が福岡にもやってきました。

店舗概要

場所は博多阪急5F。以前は香港スイーツレストラン糖朝(『マンゴプリン』が人気)があったところです。

お店の作りはそのままみたい。席数は約80席と公表されています。

(※オープン時はフロアの半分をクローズしていたという未確認情報もあります。社会の状況に対応しているかもしれません。)

【店舗情報】
■名称:『Bicerin HAKATA HANKYU』
■住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多阪急5F
■営業時間:午前11時~午後8時
■席数:約80席
(オープン時のプレスリリースより)

▼関連記事 ⇒ 香港スイーツレストラン糖朝(とうちょう)

メニュー

イメージ

「ビチェリン」
門外不出の製法で作った濃厚チョコレートドリンクで、ホットチョコレート、エスプレッソ、生クリームが美しい層を作り、グラスに注がれます。
スプーンで混ぜずにグラスをそのまま口に運ぶのが本場のイタリア流の飲み方です。
1,100円

イメージ

「ゴッドファーザーのパスタ」
映画「ゴッドファーザー」で主人公のマイケルが作り方を習うシーンのレシピで作るパスタ。
1,870円

他に、ドリンクはエスプレッソ(660円)、カプチーノ(880円)など。緑茶・ハーブティー・ソフトドリンク・ビール等アルコールなどもあります。

アラカルトは“いちおし”と書かれた「ふわとろプレーンオムレツ(1,430円)」など。

(正確な内容は店頭でご確認ください。)

【ハローキティとコラボ中】
ビチェリンは今、Hello Kittyとコラボしていて、博多阪急はその導入店舗です。
コラボメニューの中には、「コラボレーションしたアフタヌーンティーセット(2人分=7,700円、2人分から用意)」もあるらしく、福岡の情報サイトには軒並みそのように載っています。
ただ、ビチェリン公式サイトや私が見ることができるプレスリリースでは見つけられないので、詳細は不明です。

(あ、イセバに写真が載ってる!5月末までの提供予定だそうです。)
https://eseba.jp/events/detail/7566/

焼き菓子

イメージ

バーチ・ディ・ダーマ
アーモンド生地でチョコレートをサンドした北イタリアの郷土菓子。過去、伊勢志摩サミットにおいて日本政府から各国首脳へのおもてなしに、サミット参加国にちなむ逸品として提供されたという品。
1,620円/6個
3,974円/15個
5,400円/25個

他、セット・ディ・ビスコッティ(バーチ・ディ・ダーマ抹茶10個/八尾の枝豆クッキー10枚/4,320円)など。

DATA

※当記事は無理な外出を推奨する意図はありません。春になり人出が増えて困惑している声も耳にします。ご自身でご判断ください。

正確な内容は公式サイトでご確認ください。

ビチェリン・アジアパシフィックアンドミドルイースト株式会社
http://bicerin.co.jp/

スポンサードリンク