福岡の生活情報をピックアップ

特集【腰椎椎間板ヘルニア・すべり・脊柱管狭窄・坐骨神経痛】筋肉を鍛えて、背骨を支えたい

腰回りの筋肉を鍛えたい!


クロワッサン 2014年 5/25号 [雑誌]



このページは、当サイトの【腰痛特集】の2ページめに当たります。
上記のこの雑誌、私は大変おもしろく読みました!



腰痛や、足・おしりの痛み(坐骨神経痛)の治療を考えるとき、 医療的なリスクを負わずに自分でできることの中に、
【腰まわりの筋肉を鍛える】
ということがあります。腰まわりの筋肉で腰を支えて安定させるイメージです。


腰痛の発生原因として、加齢で筋肉が衰えたため、ということが挙げられる場合は、 特に効果が期待できそうです。


ただ、上記の雑誌の特集は、「腰痛」を前提としているわけではないので、 腰が悪い人にとっては、「やってはいけないポーズ」が含まれている可能性があります。 ですので、腰痛体操としてオススメするわけではありません。


(スピートスケートの清水宏保さんのメソッドに、腰痛ケアというテーマが出てきますが、 真似してみると、私の身体は「これ、やっても大丈夫?」って訴えてきますー。)


ですから、「筋肉を鍛える」という一般的な知識として読むと、いいんじゃないかなあ・・と思います。

何が良かったかというと・・

今、健康をテーマにした雑誌は、たくさん発行されています。 ただ、私だけかもしれませんが、専門誌に書かれていることは、ちょっと「重いなあ・・」と感じることがあります。 気が滅入るというか・・。


その点、上でご紹介した「クロワッサン」は、軽いノリなところが読みやすかったです。 でも、記事文章はきっちり書かれているんですよ。その姿勢も好きです。


「減りやすい抗重力筋の場所を知っておく」なんて、切実に重要でしょう? 「姿勢」も、腰椎疾患発生の大きな要因と言われていますし!ここを鍛えて、腰に負担の少ない姿勢をキープできるようにならなくては!

 

福岡情報

 


鍛え方を詳しく書いてあるというより、 アナウンサーの赤江珠緒さんの「社会人になって運動していなくて、“貯筋”ゼロから始める筋トレ」といった記事や、 20キロリバウンドした人の変遷レポートなど、身近に感じられる切り口の読み物という感じかなーという印象です。


次号は、2014年5月24日 (土) 発売なので、それまでなら本屋さんにあるかと思います。 420円と安価なので、それが負担にならない方は買ってみてはどうかとオススメします。 (最新号でなくなっても、通販で買えるかと思います。値段はどうなるかわかりませんが・・)

こちらも気になる

以下、私も未読なので、おすすめというわけではありませんが、「雑誌 腰痛」と検索をかけたら、 簡単に、いっぱい出てきました。その中で、これはちょっと見てみたいかも・・?


NHK きょうの健康 2014年 4月号 [雑誌] (NHKテキスト)

まだまだ続きます

次のページに続きます。まだまだ続くよー!次は本題に戻ります。


この腰痛の話題のもくじは左上、感想&情報提供の送り先は右上です。(スマホだと、この下)

スポンサードリンク

読者の方へ

当「福岡アンテナ」は、個人の趣味で運営しています。誤記・エラー等にお気づきの方は、お知らせ願います。

こちらからお気軽に!

管理人宛て送信フォーム