福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

特集【腰椎椎間板ヘルニア・すべり・脊柱管狭窄・坐骨神経痛】突然の発症!「顎関節症」体験談(経過・治療・その後など)

顎関節症

特集【腰椎椎間板ヘルニア・すべり・脊柱管狭窄・坐骨神経痛】の第8弾。今回は、突然ながら「顎関節症」の体験談です。

腰をかばって、変な頬杖をついていたせいではないかと思っています。

言いたいことは、
「口が開くうちに歯医者さんに行かないと、大変かもよ!」です。

スポンサードリンク

「顎関節症」とは

「顎関節症」とは、あごの関節(または筋肉)に起こった異変によって、 口が開かなくなったり、痛んだり、音がしたり、などの症状が出てくる病気です。
(※正確な情報はご自身でご確認ください)

発症

私、ある日、突然「それ」に気がつきました。

いつもどおり歯磨きをして、歯ブラシを口から出そうとしたときに、 “カツーン!”と、歯ブラシが歯に当たりました。

「痛~っ!・・・・?」

鏡を見ると、口が開いてない。 上下の歯が開かないから、そりゃ歯ブラシも当たります。

その時点で、上下の歯の間は、指が1本入るくらいでした。狭い。

そのときまで、異変には全く気づきませんでした。

指1本しか開かなくても、日常会話ならごく普通にできました。 ごはんは・・・意識して確認してみると、薄いものしか口に入りませんでした。

その時点では、もう大きく開けられなくなっていました。 開けようとすると、片側の関節付近が強く痛みました。

腰が悪くて「顎関節症」に!?

この異変に、心当たりがありました。

その頃、寝転んで、頬杖をつくようになっていたのです。

顎関節症

上の写真は頭を支えていますが、手がそこまで届かないので、あごを支えていました。

2週間くらい、そんな姿勢を続けていたかな~・・。 後の患部側ばかりで、支えていました。

(なお、他にも、噛み込みが深いなどの個別的要因を持っていました)

異変に気づいてから、数日、様子を見ました。 2~3日で「指1本」から「指1本余裕」になりました。自然に治るかも?と期待しましたが、残念ながら、翌日には「指1本もキツイ」と悪くなりました。

ああ、ダメだこりゃ・・と歯医者さんへ駆け込みました。

治療

さて、治療方法は、歯医者さんによって異なるかもしれません。 以下は私が受けた治療(の記憶)です。

治療に際して、私はマウスピースを作ってもらいました。 奥歯まで届くような、歯の全体にかぶせる大きなものです。

使用して体感したのですが、普段は噛みしめていることが多いようです。 寝ているときや、パソコン・読書なんかでも。 マウスピースを装着すると、その分、歯がくっつかなくなるので、 強い噛みしめを回避できました。

そこからの経過は、2週間でほぼ戻り、1か月で大きく開けられるようになりました。

一度そんなことがあったのだから、今後も持病と思って人一倍気をつける必要があるかもしれませんが、今のところは違和感もありません。良かったです。

困ったこと

さて、今回の一連の出来事の中で、一度だけ「困った!」とあせったことがありました。

口が開かなくても、呼吸は隙間からできるので、困らないんです。 食事は流動食にすればいいし、困らないんです。

あせったのは、歯医者さんに駆け込んで、マウスピースを作るときです。

懸命に開けたわずかな隙間から、奥歯まで届く大きな型を突っ込まれて、 固まったので取り出そうとして・・・ そのとき、それがどうにも抜けなくなりました・・・。

「頑張って!もうちょっと開けて!」 「ひぃ~っ」

スタッフさんにとっては、慌てる必要もない、よくあることかもしれません。 しかし、私にとっては、抜けないと終わらないのかー?と慌てた出来事でした。

こんなことなら、悪いながらも開きが良かったタイミングで受診すれば良かったです。

ということで、今回のページで何よりお伝えしたいことは、 「ぜひ、口が開くうちに、歯医者さんへどうぞ」です。 (もしくは、開けなくても型取りできる歯医者さんへどうぞ)

特集【腰椎椎間板ヘルニア・すべり・脊柱管狭窄・坐骨神経痛】

▼関連記事 ⇒ トップページ

▼関連記事 ⇒ 筋肉を鍛えて、背骨を支えたい

▼関連記事 ⇒ 腰に負担のかからない座り方・立ち方とは?

▼関連記事 ⇒ 腰痛のための靴とは。ヒールは大丈夫?

▼関連記事 ⇒ 体験談:こんな場所の筋肉が凝っている・・

▼関連記事 ⇒ 腰が悪くて座っているのがつらい方へ 骨盤の姿勢を保つサポートクッション

▼関連記事 ⇒ 寝具「&Free(アンドフリー)」東京西川の新ブランド

スポンサードリンク