福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

「博多水無月」今年も登場 冷えてプルリ♪

【ご注意】このページの内容は、2014年当時の話題です。

博多では、「博多水無月」と名付けられた独自の和菓子が展開されています。

博多独自の水無月

(上の写真は2006年の「博多水無月」)

スポンサードリンク

本来の水無月

本物の水無月

「水無月」は、本来、上の写真のような和菓子を指します。(写真は抹茶ですが、これの白ね)

毎年同じことを言っていますが、これは大事なことです。

福岡だと、関西系の百貨店「博多阪急」の品揃えが一番いいんじゃないでしょうか。

▼関連記事 ⇒ 2013年の水無月

▼関連記事 ⇒ 2012年の水無月

「博多水無月」は、独自の和菓子です

一方、「博多水無月」は、本来の「水無月」を参考した、福岡独自の試みです。

チラシによれば、【伝承文化を元に創られた、 “福岡・博多オリジナル”の季節の和菓子です】ですって。

「博多水無月」の決め事は、【小豆とワラビ粉を主原料にし、笹で巻く】というルールだけ。 あとは、各店が自由に独自のお菓子を作り出しています。

販売期間は長く、2014年は5/12(月)~7/31(木)の予定。

でも、この販売期間って、無病息災を願っていただく「水無月」の、大事な由来の部分をすっ飛ばしているように思えて、 とーーーーっても気になっています。 (恵方巻に関しても、ブーブー言ってますね、ワタシ) ←【追記】私の誤解がありました。福岡は7月でもアリなんですね。詳細は下記。

すっかり見慣れたなー

毎年、涼やかな品々を見かけて、今やもう、すっかり見慣れたように思います。 各店舗が毎年足並みを揃えるのは、大変なことだろうと思います。 たくさんの方々の尽力があるんだろうなあ・・。

九州は、他の地方とはお天気だって違いますもんね。(晴れと雨の違いや、陽射しの強さや) 暑い九州の夏に、冷や冷やで口当たりのいい「博多水無月」が定着するのも自然なことかもしれません。 なんだか歴史の中にいる実感(?)があって、楽しいです。

当サイトでも、以前からご紹介していますね。 少なくとも、2006年には、美味しく食べてます(笑)http://fukuoka.in.coocan.jp/c_log/2006_08.html

デパ地下なら、いろんなお店の品が買えますよー

【ご注意】繰り返しますが、このページの内容は、2014年当時の話題ですよ!

博多独自の水無月

ごひいきの和菓子やさんで買うのも楽しいですが、 デパ地下でも、期間限定で出店があります。

博多阪急は終了済、現在は福岡三越(2014年6月3日~6月9日/地下2F菓遊庵エリア)、 今後は岩田屋でも出店があります。(地下2階和菓子プロモーション 6/17(火)~6/24(火)) (正確な日程は、ご自身で公式サイト等でご確認ください)

デパ地下出店に行けば、各店の「博多水無月」を見比べながら選ぶことができます。 1個ずつだって買いやすいのがうれしいですね!

デパ地下では、いつも同じお店が出品しているとは限りません。 欲しい候補は、いくつかピックアップしておくといいかも~。

【追記】

リビング福岡2014.5.31号に、「博多水無月」の呼びかけ人として、 「富貴」の社長さんのお話が掲載されていました。

最初は本物の「水無月」を販売したものの、“福岡の人はういろう独特の食感に慣れていないためか”うまくいかず、 そこから福岡独自の和菓子の考案に至ったそうです。

それと、「博多水無月」の条件の一つに、販売期間が7/31までというのがありますが、 博多住吉神社名越大祭(7月30日~8月1日)によってたんですね。

関連過去記事

▼関連記事 ⇒ 2016年の「博多水無月」

▼関連記事 ⇒ 2013年の水無月

▼関連記事 ⇒ 2012年の水無月

スポンサードリンク