福岡アンテナ

Home福岡転勤・教育(1)>(2)

福岡転勤(2)
福岡の教育事情
1) 福岡で中学受験
2) 福岡地区私立中学校
3) 教育関係リンク集
4) 県立高校転入学
5) 塾

福岡転勤(1)
福岡で住まいを探す


福岡転勤(2) 福岡の教育事情


わー、大上段に構えてしまいましたねー(汗)
主に情報の少ない中学受験をお伝えします。

※このページには、一部2005年に掲載した文章を再掲しています。

1) 福岡で中学受験 〜福岡事情〜

福岡の中学受験は、都会とはちょっと違う面があるように思います。

ひとつは、絶対的な受験者数の少なさ。
そのため、合格ラインが下がり気味になっているように感じます。

今、過去に載せた文章のR4・R3の数字を見ると、
全体的に低めの数字が出ている気がします。
確かに、それで入っている子がいるのはわかるのですが。

もうひとつの特徴は、医学部志向。
私立中はその受け皿になっている面が強いように感じます。

そして、これは都会でも同じでしょうが、
それぞれの学校に根強いファンがいます。
各校のカラーがはっきりしていて、
それぞれに古くからのファンがいる・・
そんな魅力があるからこそ、公立王国と言われる福岡で、
各校がしっかり成り立っているんだなあ、と感じます。

1) 福岡で中学受験 〜福岡の私立中学校〜


校名などはこちらで一覧できます
  福岡私学協会
こちらでも一覧がありますね。
  日本の学校




当サイト2005年過去記事抜粋&2007年時点のコメント
(※校名・R4・学校紹介は2005年掲載当時のデータです)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【男子校】
久留米大学附設中学校(R4:60 R3:56)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
九州では、ラ・サールとともに、ぶっちぎりの存在の進学校。
万が一、ここを落ちたらどうするか、は大きな問題。
(公立中へ行く子も多いようです。)
当然ながら、進度はとても早く、補習も必要に応じて頻繁に行われているそうです。
H17年春の入学者より、高校で女子の募集が始まり、
女子では公立中→附設という選択肢が新たにできました。
今年度は定員50名の高校募集に対し、21名の女子が入学しています。

西鉄天神駅より特急で30分の久留米駅から
バスに乗り継ぎ15分程度。(バスの本数は多くありません。交通量の多い旧道を行きます)
通学を思うと西鉄沿線に住むのが一見便利そうですが、
特急の停車駅は、市内は福岡・薬院しかないので・・どうなんでしょう・・。
寮もあります。きれいです。
(以上2005年過去記事より)

====================
あー、2007年の今も同じ紹介文になりそうですねえ。
ただ、R4:60とかR3:56って数字は、どうかなあ。
56じゃ、入った後が大変じゃないかと想像するんだけどなあ・・。
2学期制ですが、定期テストはみっちり実施のようです。
運動会や遠足も、意外にハードだとお見受けします。
通学するなら特に、体力も要りそうです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【男子校】
福岡大学附属大濠中学校(R4:48 R3:47)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
H17年春の入学者より、定員が前年の80名から120名に増。

奨学生制度あり。
勉強の面倒見が良いと言われています。補充・補習がしっかりあります。
一貫の規模は、福岡大学や高校の規模の大きさと対照的。

通学には六本松バス停・地下鉄六本松駅利用がメイン。
自転車通学もOK。
母が「こうしてほしい」と願うようなことに応えてくれるイメージを受けています。
(以上2005年過去記事より)

====================
こちらも、今年も同じ紹介文になりそうですねえ。
現実として附設の併願校はこちら。
(県外の寮へ出すという道もありますが。青雲とか)

こちらのR4も低く出てますねえ。
進学実績の国立医学部の数が、
この学校の特色のひとつのように思えます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【男子校】
泰星中学校(R4:42 R3:38)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

高校での募集がない完全一貫校。
そのため、高校受験が一般的な福岡では、知名度が上がりづらい面がある気がします。
姉妹校は栄光学園・六甲・広島学院など。(すごい!!)

合格者数は大濠との絡みで動くようです。
定員180名。増やすつもりはないと学校パンフにありました。
アットホームさが、保護者の満足度が高いと言われる所以でしょうか。

立地が丘の上。
学校のまん前にバス停がありますが、ふもとから上り下りする子も見かけます。
真っすぐ(?)降りたら桜坂。斜め(?)に足をのばすと薬院方面。
登下校時に見かける子が、みんなおっとりして見えるので、勝手に好印象を抱いてます。
おばちゃんにおっとりと言われることがホメ言葉なのかはよくわかりませんが。

(以上2005年過去記事より)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【女子校】
筑紫女学園(R4:43 R3:42)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

堅実・真面目な校風という印象が一般的にあるようです。
平成16年度の大学入試の実績は、
AO・推薦で出している数が結構あったのが印象に残りました。
平成17年度はどうだったのか・・。
2学期制。成績によるクラス編成。特待制度あり。

通学は城南線は桜坂から、または国体道路は赤坂方面から。
どちらもバスが頻繁に通っていて便利そう。地下鉄もあるし。

(以上2005年過去記事より)
====================
今年の合同説明会イベントでは「九大医学部4名合格」という
貼り出しをされてPRしていたようです。
現役なのがすごいなあと思います。
桜蔭合格者を取り込んできた成果でしょうか?
こちらも大濠同様、医学部志向が一つの特徴だと思います。
入試結果の上位者だけで作るクラスが1つありますが、
(特クラ=特別クラス?)、そのR4が出ていないのはなぜでしょう?
勉強面での管理が厳しいとよく耳にします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【女子校】
福岡雙葉中学校(R4:37 R3:35)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


附属幼稚園、小学校があります。
高校での募集はない完全一貫校です。

2005年度に「今年から中3以上を5クラスにして、1クラスを上位層の応用クラスにした。
ただし、入れ替えを考えて、同じ教科書・同じ進度」と聞きました。
2006年度からは2学期制となるそうです。

校長先生は、前任は広島学院校長。
個人の日記サイトは半公式サイトのようでもあります。
あたたかな日記です。

小学校で英語をやっているので、内部生との差が気になるところですが、
入学前にちゃんとフォローがあるようです。

上位層の進学先は要チェック。
中学入試では難度が上のはずの筑女の実績と比較して遜色ないように思えます。
推薦枠を持つ大学名も要チェック。生徒数と推薦枠の数を見比べてみてください。
(以上2005年過去記事より)

====================
今は校長先生が代わられてますねえ。
中学からの入学者に、英語に関してのフォローがあるようですが、
そもそも中受をする子は、どの学校でも英検の保有率が高いよう
ですので、ある程度の準備は要るかもしれません。
お嬢様イメージが強いのですが、自由な学校だとよく聞きます。
小学校から中学へ行かず、他校へ抜ける人も意外に多いそうなので、全く閉鎖的ということではないようです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【女子校】
福岡女学院(R4:35 R3:31)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特徴はSELHiと、高校の音楽科。
美術にも力が入っています。アトリエがあって、美術教室があって。
中学ではバイオリンが必修。(購入や外部レッスンなどは不要)

大学まで同じ敷地。
決して真新しい施設ではありませんが、その分、落ち着いた雰囲気です。
植木や、ちょっとした空き地(?)があちこちにあるのも風情アリ。

立地は要チェック。
複数駅・複数バス路線が利用できますが、駅からのバス便が微妙・・。
最寄駅に駐輪場を借りて、駅から自転車で通っている子もいると
学校で聞きました。

夏休みや週末に、化学実験などのイベントが行われることがあるので、
校内のようすを知るいい機会かと思います。

(以上2005年過去記事より)
====================


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【共学校】
西南学院中学校(男子R4:48 女子R4:51)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新しい校舎・イメージのいい立地・自由な校風。
特に女子にとっては一番人気のようです。
(が、成績優秀層よりもどちらかというと普通層のほうに人気なのは校風ゆえでしょうか・・)
男女同数の入学者を確保するため、合格者の数に男女差が大きい。
注目すべきは合格者最低偏差値。(男女とも)かなり低いです。

勉強・進学実績を期待しないでほしいと説明会で言われました。
勉強以外にも取り組んでほしいことがたくさんあるということです。

西南学院大への推薦枠あり。
枠が埋まらなくて、年々数が減っています。

通学には地下鉄西新駅(もしくはバス停)を想定しておけばOK。(学校前にもバス停があります)

(以上2005年過去記事より)
====================
今もダントツ一番人気の激戦校。
勉強面でも、他校に比べて自由な印象です。
一貫校の良さをある意味一番享受できる学校かもしれません。
医学部への進学実績を見ると、他校との棲み分けなのかな?と感じられます。(と思ってたら、今年は結構いたわ〜)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【共学校 (いわゆる国立中)】
福岡教育大学附属福岡中学校(R4:42)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
平成18年度入学志願者募集より、入試が4科に変更になりました。
R4は九州内の国立中は、大体似た数字です。
高校がないのがネックとなり、附属小から一貫校へ抜けるケースは男の子に多いです。

(以上2005年過去記事より)
====================
4科になり、翌年に抽選もなくなり、受けやすくなっています。
公立高校受験の際の内申書の評定のつけ方が変わってきていることも、この学校の人気に影響がありそうです。
倍率は高いです。(男の子で10倍くらいですかねえ)









PROFILE


管理人:fran(フラン)
属性:教育に頭を抱える母

福岡地区
私立中・高校 転入学・編入学情報(2007/11/13)

サイトマップ  管理人へメール
 Copyright(c) 2003-2007 fran All rights reserved.