HOME福岡イベント情報(ログ)>イベント情報
スポンサードリンク




福岡のイベント情報

福岡情報

募集 

ふだん食品を購入しているスーパー等で表示をチェックします。
全国で1,000名の募集です。




農林水産省が、食品表示に対する信頼確保のため、
食品表示状況の監視を行う「食品表示ウォッチャー」制度を実施しています。
(実施は民間委託)



普段のスーパー等での買い物の際に、
定められた表示がされているかをチェックします。



インターネットを利用して、初期研修、臨時研修が
あるようなので、初めてでも大丈夫だそうです。



ただ、不適正表示が発見されると、
農林水産省関係機関が動くので、
人によっては気持ちの上で負担が大きいかもしれません。



興味のある方なら、自分の自由な時間にやれるし、
やりがいもあるし、
勉強にもなって楽しいんじゃないかと思います。






■活動内容
近隣の食品販売店やスーパーマーケット等において、
食品の品質表示状況を日常的にモニタリングし、
原産地表示や一括表示事項(義務表示事項)の
表示漏れや誤記等の不適正な食品表示の実態について
、 地方農政事務所等最寄りの農林水産省関係機関に
情報を提供します。



※活動実績に応じて謝金あり(満額で16,000円相当)
※定期報告を年9回、その他特別報告を数回予定






■応募資格
☆満20歳以上
☆日本国内居住
☆平成21年度の都道府県の食品表示ウォッチャーでないこと
☆平成21年度の農林水産省の消費者モニターでないこと
☆パソコン上で電子メールと添付ファイルOKなこと
☆パソコンがウインドウズであることなど
その他諸条件あり






■募集予定人数
1,000名






■応募締切 6月14日(日)






【関連リンク】



■詳細はこちら → 食品表示ウォッチャー応募サイト






■制度についてはこちら
 → 農林水産省/平成21年度食品表示ウォッチャーの公募について






(2009.6.5更新)