【超初心者向け】ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)を買って、リングフィットアドベンチャーしよう!

イメージ

任天堂の超人気ゲーム機「ニンテンドー スイッチ」は、今が「買い時」だと思います。

買っちゃいませんか。

そして、「リングフィットアドベンチャー」で、家の中で(静かに)運動しませんか。

必要なものは「Nintendo Switch本体(色は何でも同じです)」「リングフィットアドベンチャー」(もしくは11月20日発売予定のセット)と、あとはテレビだけ。

【注】この記事は、ゲーム機の買い方もわからないおばちゃん(=私)向けに、これに沿って買えばとりあえずは使えるよ!という要点をまとめたものです。責任は持てないのであまり信じすぎないでください。失敗しても4万円を損するだけよねというゆるい気持ちでお願いします。

買うもの/要るもの

Nintendo Switch本体

イメージ

スイッチには「Nintendo Switch」と「Nintendo Switch Lite」の2種類がありますが、買うのは「Nintendo Switch」のほうです。

「Nintendo Switch」には、本体のみと、本体と特定のゲームがセットになったものがあります。セット商品は箱のデザインがそのゲームのイラストになっているので一目でわかります。

今回は本体単品で話を進めます。

箱に入って売られています。35×20×10センチ程度の大きさです。店頭では実物の代わりに小さなサイズのもの(引換カードやプラスチックケースなど)が置かれているかもしれません。

箱の中に必要なものが全部入っています。

現行モデルは、
HAD-S-KAAAA(グレー)
HAD-S-KABAA(青&赤)

取り外せる持ち手(Joy-Con/ジョイコン)の色が異なるだけで、どちらでも機能は同じです。

【メモ】2019年8月30日以前に発売していた旧モデルがあります。バッテリー持続時間が異なります。箱のデザインも違います。

【メモ】公式通販では、さらにいろんな色のJoy-Conがあります。(グレー・ネオンレッド・ネオンブルー・ネオンイエロー・ネオングリーン・ネオンピンク・レッド・ブルー・ネオンパープル・ネオンオレンジ)

リングフィットアドベンチャー

イメージ

今回遊びたいのは、Nintendo Switch向けソフト「リングフィット アドベンチャー」です。

大きめの箱に入っています。本体に近いくらいのかさばり度です。

普通のソフトなら手帳サイズのプラスチックケースで済みますが、このソフトには付属品として大きなリングや脚に巻くベルトが付いてくるので、かさばります。

店頭では、引換カードなどの形で置かれているかもしれません。

こちらも、箱の中に必要なものが全部入っています。

テレビ(HDMI端子)

テレビにつないで使いたいので、ゲーム機のコードを差すための受け口として、テレビの側にHDMI端子が必要です。

テレビの画面の下がパカッと開くタイプなら開けてみて、そうでないなら裏を見て、平べったい台形の穴があったらそれよそれ、穴の下にでも「HDMI」って書いてあったらもうそれよ。

自信がないときは、テレビの取扱説明書の巻末索引で「HDMI」が載っているか調べてください。

すぐには要らないもの

あればいいかもしれないけど、今すぐに要らないものは下記。

  • 本体の液晶画面に貼る保護シート(例えばAmazonで言うとこんな商品
  • microSDカード
  • テレビにつなぐインターネット

液晶画面ってすぐにホコリが寄ってくるから、気になる方は本体を開封するときまでに保護シートを用意しておくといいかもしれません。なお、据え置きで使うから傷はさほど気にならないかもなので、要らないと言えば要らないかもしれません。

SDカードは、本体にもメモリがあるのでとりあえずは不要です。新しいゲームをダウンロードしたりなど、使いこなそうと思うと必要になります。

ネット環境は無くても遊べます。ゲームのセーブデータは本体メモリに保存できるので、テレビ本体だけで十分楽しめます。

簡単につなげます

箱を開けたら、いくつかのパーツを梱包材から取り出していくだけ。

細かい部品はないから、無造作に並べていっても大丈夫。

説明書は付いていませんが、箱の側面に内容物一覧が載っているので、念のため足りないものがないかをチェックできます。

イメージ

最初は、任天堂公式サイトの説明書きを見ながら、(1)本体(2)(3)ジョイコン、(6)ACアダプターをつないで、充電するのが良いと思います。

(つなぎ方は見てすぐにわかります。ジョイコンは上からスライドさせて「カチッ」と音がするまで。)

箱に描かれた本体のイラストは、実は本体を縦置き台(ドック)に差してある状態です。

縦置き台(ドック)のほうに電源コード(ACアダプター)をつなげば、箱のイラストの状態でも充電できます。

【メモ】箱に描かれたコントローラーのイラストは、グリップにジョイコンを差し込んでいる途中なのですね。

イメージ

イメージ

ソフトのセットも簡単

イメージ

「リングフィット アドベンチャー」の箱の中は、この3つです。(ソフトが入ったプラスチックケース、リング、足に巻くベルト)

プラスチックケースを開けると、中に小さなSDカードが入っているので、それを本体の右上部に差し込みます。

イメージ

本体の液晶画面に向かって右上の天面部分にあるフタをパカッと開けて、SDカードに貼られた製品名をこちらに向けつつ、入りにくかったら何か間違えているかもしれないので説明書きで確認しつつ、無理に押し込んだりはせずに、最後の数ミリはバネの圧を感じながら、カチッといったらフタを閉めれば出来上がりです。

うるさくない?辛くない?

騒音も運動量も、主観でしか答えられないのですが、私の答えは「大丈夫」です。

特に騒音は気になるところですよね。広い敷地の一戸建てならともかく、マンションで騒音が出るのは誰だって困ります。そこはメーカーも十分配慮していると感じます。

具体的には「サイレントモード」があり、「走る」を膝を軽く曲げる?スクワット?的な動きに代替できます。

ただ、早く走りたいときは素早く曲げ伸ばしをするので、床への振動がゼロではないです。特にゲームに夢中になっているときの上下運動は、トレーニングを意識しているときの運動と少し違って、床を揺らす動きになりがちです。そういった前提を含めてご自宅の床の強度などを確かめてみてください。

運動の強度については調整できます。性別・年齢・希望などで自動的に設定されます。変更もできます。最初は事あるごとに「この強度でいいか」と尋ねてきます。

負荷をかける場所は、ゲームをするときでも選べるので、私みたいな初老のおばちゃんでものんびりやれます。

とは言え、弱い病変部分があるとそこに負荷がかかりそうで怖いですし、身体を鍛えるという目的は若い人に譲って、ラジオ体操程度の運動として軽~く動くという程度の使い方でもいいんじゃないかと思っています。(そんな使い方だと、ロールプレイングゲームが通常1日30分で3か月かかるそうなので、私はいつまでも終わりそうにありません笑)

(運動したくない部位をカスタマイズもできます。私はひざに負担がかからないように設定したら、勝手に走ってくれるようになりました。)

【メモ】トレーニング目的のゲームですが、呼吸についてはあまり声がけがないのがちょっと物足りない気もします。

【メモ】「リングフィット アドベンチャー」は、任天堂が2019年10月18日に発売したNintendo Switch向けソフトです。 発売から約8ヶ月で国内累計100万本を突破した人気ソフトで、発売当初からずっと品薄です。ただ、ここにきてようやく本体もソフトも少し販売情報が回ってくるようになった印象です。

どこで買う?今が買い時?

どこで買う、どこなら買えるが一番難しい点です。

ちょうど「Nintendo Switch リングフィット アドベンチャーセット」が、11月20日発売予定です。

ソフトは、ダウンロード版がインストール済みになります。

このセットは「取扱店で11月14日から順次受付開始予定」だそうなので、それが予約できたら一番簡単で良いのですけど…。

セットでも単品でも、店頭で見つけるか、大手電器屋のネットショップに出てきたところをつかまえるか。

Amazonは正直まだオススメしません。信頼できる業者の出品があればいいですけど…。ギフト券を自分のアカウントにチャージしておけば、クレジットカード情報を渡すのはAmazonだけで済むのかな…?とか考えますが、いやそれでも転売が多い品物ですし…(心配症)

福岡では「買い物に行ったらたまたま売ってた」という話を、この秋ちらほら聞きますけど…。

品薄解消については、たぶん今が一番手に入りやすい時期だと思うのです。

  • さすがにかなり行き渡ってきた
  • 転売屋が「プレイステーション5(PS5)」「鬼滅の刃」に流れている(iPhone12も関係あるかな?)
  • スイッチの在庫を年末商戦に向け積み増している
  • クリスマス需要の前
  • (もしかしたら)冬の自粛巣ごもり需要の前

そして前述のセットが出てくるわけですし、ね、チャンスでしょう?

雑談(感想)

買おうかな…?と迷っている人がいたら、買っちゃえ買っちゃえ~。(←無責任発言)

使わなくなるかもしれなくたっていいじゃない。「使ってみる」って体験ができるんだから。たまにはこういうものにも触ってみないと、ね。

そしてやっぱり使わなかったら、子ども世帯や孫にあげればいいじゃない。

お正月に帰省する子がいるなら一緒に遊べます。そのとき持ち帰らせてもいいじゃない。

私自身が人生で久しぶりに買ったんですが、「無駄遣いした~」ってドキドキするし、ネット購入だから余計に怖いし、でも毎月の学費や介護費なんかに比べたら全然安いものじゃないですか、って言い訳するわけですよ。

使ってみたら、いろんなことがわかります。例えば、向きや水平の検知が早くて正確だな~とか。

測定部分に指を当てると簡易ながらも脈拍が測定できて(血液内のヘモグロビンが反射する光の量の変化を見ているそうです)、ああアップルウォッチも健康のほうに振ったヤツが出てたなあ…と思ったりとか。

私は、やせないし体力もつかないし眠りも浅いままですけど(そんなにうまくいくはずないですよね)、それでも「今日はこれをやった」と言える生活がうれしいですし、あと「筋トレをやると精神的に明るくなる」というのがほんの少しわかる気がします。

良かったら、ぜひ、一緒に無駄遣いをw

繰り返します。この記事は、ゲーム機の買い方もわからないおばちゃん(=私)向けに、これに沿って買えばとりあえずは使えるよ!という、私にだけ需要がある(あった)内容をまとめたものです。私自身が初心者なので間違っていることがあるかもしれません。責任は持てないのであまり信じすぎないでください。失敗しても4万円を損するだけよね☆というゆるい気持ちでお願いします。