福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

腰が悪くて座っているのがつらい方へ 骨盤の姿勢を保つサポートクッションいろいろ

今回は「腰が悪くて、椅子に座るのがつらい(泣)」という方に向けた体験談です。

体験したことのない方にはピンと来ないと思いますが、このつらさの真っただ中にいる方にぜひお伝えしたいのです。

「自称腰痛」の方の辛さは私にはわかりませんので、以下はお役に立てません。お引き取りください。
「リリカって、神!」という同病の方だけ以下をどうぞ。

「椅子に座る」って、本当に辛い姿勢ですよね…。

わたしも、腰の状態が悪いときは、身の置き所がなくて、立っていても寝転んでいてもつらかったです。まして、イスに座るなんてとんでもなく負担のかかることでした。

イスに座ると、ぐぐぐーーっ!と圧迫感が腰に集中しますよね。負荷がかかって腰の骨がはずれそう。

そんな日々を送っていた頃、回復途中のある一定期間中に、「座ると、腰の位置が定まらなくて辛い」という感覚が生まれました。

今回ご紹介したいのは、そのときに役立ったクッションです。とても助かりました。

なお、病態の変化に合わせて感想も変わっていったので、その感想の変化も時系列順にご紹介します。

スポンサードリンク

ホールドされたい!

数年前に整形外科に通院していました。「突然動けなくなった→毎日通院→リハビリが週1に減る」という経過をたどり、週1の通院に減るまでに丸1年間くらいかかりました。(そこからの回復は年単位です。)

ちなみに「腰痛」という言葉はピンと来ないので、ここでは使いません。「痛い」のは足のほうで、腰は痛いというより「抜けそう」だったからです。(腰の痛みもあるのに足の痛みのほうに紛れて自覚できなかったという可能性はあります。)

さて、その1年の間、腰の状態は日々変化していきました。

発症当初は家の中で這うような感じでした。4日めくらいでどうにか戸外へ出られるようになり、最寄りの整形外科を受診することができました。

それからは毎日通院しました。最初は、通院にも“のそのそ”と歩くのが精いっぱいでした。

歩くことすら必死で、「座るなんて、とんでもない!」という感じでした。

でも、診察やリハビリでは当たり前のように座位を取らせますよね。初診のときは「座れだなんて、ヒドイ!!!!」と心の中で泣きましたよ。

そこからリハビリが始まりました。半年くらい通った頃だったでしょうか、だんだんと良くなっていくにつれ、新たに「座るときに、腰が定まらなくて辛い」という感覚が芽生えてきました。

この「腰の不安定感」が強かったのは、期間にすると3か月間くらいかと思います。

その時期は、腰回りがどうにも心もとなくて、「コルセットを使いたいよ~」と思いました。「ぐるぐる巻きにして支えたい!」という感じ。ですが、通院していた整形外科ではコルセットという話は全く出ませんでした。 もしかすると懇願すれば使わせてくださったかもしれませんが、基本的には「正しい姿勢とリハビリで筋力をつける」ように指導する整形外科でした。

「姿勢と筋力が大事」という方針は非常に納得できたので、私としても不満はありませんでしたが、それでも「ああ、ウエストからおしりまで、すっぽりとホールドされたら、楽だろうな~」と想像して嘆いていました。

座った瞬間に「あ!ラクだ!」

その頃に買ったクッションがこれです。


マーナ(MARNA) 骨盤ざぶとん S236P

このクッションは、調剤薬局の長椅子に実物が置かれていたので知りました。

座面に傾斜がついているのがおわかりでしょうか。そこがポイントです。

試しに座ってみると、その瞬間に「あ!これはラクだ!」と感じました。そこで帰宅後すぐにネットで調べて購入しました。

身体全体が敏感なセンサーみたいになっているときに、楽だと感じたのですから、そりゃ買うでしょう。ワラにもすがりたい気持ちなのですから。

傾斜がついていると、座ったときに腰部に集中する圧迫感が少し軽減するのです。

わたしね、これを体験するまでは、漠然と「骨盤全体を包み込んで支えてくれる椅子があったら、座りやすいのになあ」と想像していました。バンボ(→Amazon)みたいなやつで、もっとがっつり包まれるような感じで。

でも、違うんですね。人の身体って、腰回り全体を包み込まなくても、座面の角度ひとつで充分なホールド感が得ることが可能なんですね。

今回ご紹介したいのは、そのことです。

クッションと身体が触れ合っているのは、座面という平面なんですよ。ただそれだけで腰周り全体に立体的な安定感が得られるんです。さらに、上半身まで支えられているような感覚が生まれました。これには驚きました。

最初はタオルでいいんです

ちなみに、発症した頃は、整形外科で教わったとおり「いすの座面の奥半分に、畳んだタオル等を敷く」という方法を使っていました。 おしり半分くらいがタオルの上にあるという感じです。

このタオル方式もとても良いんですよ。手軽ですし、タオルの厚みで高さが微調整できる点がとても良かったです。(本当に悪いときは、ミリ単位の厚みの違いが大事なんです!)

ですから、このタオルが役立つ状態の方は、今回ご紹介しているクッションはまだ要らないのではないかと思います。私はタオル以上の安定感が欲しくなったので、このクッションを購入して助かりました。

なお、繰り返しお伝えしますが、このクッションを良いと思ったのは、腰の状態が「座れるくらいには少し良くなった。でも座り続けるのはとても無理。」という頃です。その後さらに回復してくると、今度は逆にこのクッションの感触(反発感?)が不快になってきたこともお伝えしておきます。

「ある程度は座れるけど、座ると負担を感じてつらい、腰全体を支えてほしい」そんなときに役立ちました。皆さんが必ず楽になるという保証はできませんが、「ワラにでもすがりたい」という方の参考になれば幸いです。

座れないくらい悪いときは…

(↓)これ、整形外科にありました。


【AIREXバランスエクササイズ】 バランスパッド・エリート

発症当初の「座ることさえ必死!」だった頃は、この「バランスパッド」の上だと、もっちりとした感触で少し楽だと感じました。

リハビリ室でスタッフの方が使わせてくださいましたし、患者さん同士でも「これに座ると、いいわよね!」と皆さんの意見が一致したので、一定の効果が見込めると思います。

座ると結構沈み込む感覚があるんですけど、その割には圧迫感が分散されるように感じられました。

ただ、欠点とまでは言えませんが、試しに買ってみるにしては価格がやや高いのと、デザインがいかにも医療用という点が、やや難点かと思います。

高額商品なので安易にオススメできませんが、「とにかく何でも試してみたい~」という方なら、ご自身の判断で使ってみてください。

(もしも購入したら、それはそれで自宅で体操等を行うときに敷いて使えますし、持っておいて損はないかもしれません。)

▼関連記事 ⇒ 腰に負担のかからない座り方・立ち方とは?/医療用バランスパッド

8度の傾斜が良いのかな?

さて、話は今回の骨盤ざぶとんに戻ります。上記の商品写真をクリックすると、アマゾンの解説ページで商品解説を読むことができます。

8度の傾斜がポイントみたいですね。8度と言わずもっと起こされたいと感じるのですが、でもこの無理のなさそうな使い心地が良いのかな・・。

(私は、骨盤が寝ている上に、動きも悪いそうです。)

福岡情報

この座布団に座ると、クッションの形に沿って、自然に膝が閉じるんですよね~。

ホントは、膝をぴったり閉じると腰に圧迫感が来るので、膝と膝の間は少し開いたほうが楽なんです。

開きたいのに、脚が太いから(!)スペースにゆとりがなくて、脚が自然にくっついてしまいます。

(そもそも少し開くくらいが本来の正しい座り姿勢だと思うんですが、違うのかな?商品解説を読むとわざと閉じさせるように作られていますね。)

膝を閉じることに関しては、お医者さんから「あなたは女性だから、膝は閉じていいよ」と言われたこともあるので、あまり気にしすぎなくてもいいのかな~。

数日後・・

このクッションを、数日間、使ってみました。このクッションがあるからと言って、長く座れるようになるわけじゃないですね。 ただ、姿勢が作りやすいと感じました。上半身(胸椎・頸椎)の姿勢にまで気が回るほどの余裕が生まれました。それから、膝がくっついてしまう件は、私の太い脚をもってしても“こぶしひとつ分”くらいは開きます。脚の細い人ならもっと膝が開くかも(^^;)

長期間使ってみたら、また違う感想があるかもしれません。責任は持てませんので、 購入される方は自己責任でお願いします。

3か月使ってみました

イスに座るときは、この「骨盤ざぶとん」を使うように心がけました。

約3か月使ってみて、「骨盤が立っている状態」に違和感がなくなったなあと感じます。

今までは、イスに座ると、骨盤が倒れている状態が普通だったので・・(そりゃ腰に悪いですね) 整形外科でも幾度となく、骨盤の動きが悪いし、そもそも角度が悪いと指摘されてきたくらいなのですが、 「起こす」という感覚が生じてきました。“骨盤健康法”的な意味で、手軽で効果的な良い品だなーと思います。

それから、これは余禄みたいなものですが、長時間座った後は、クッションに入っているビーズが偏っていることがあります。 これって、座る姿勢が偏っているせいだろうか・・?と、座る姿勢も意識するようになりました。

ただ、「このクッションを使って何をするかが肝心だ」と考えるようになりました。イスに座ることは手段にすぎません。例えば、今私は椅子に座ってパソコンを打っていますが、そもそもそれが良くないだろうし、その机の高さとか、パソコンのディスプレイの角度とか、そういった要素が腰への影響において重要だと感じています。

なお、症状が軽減してきたので、それに伴い、体重が腰に集中するのが気になり始めました。もっと他の座布団も欲しくなってきました。 このあたり(↓)を検討してみようかと思っています。お使いの方、いらっしゃいませんか?



西川産業 [エアーポータブル]クッション/L 5×40×80cm ライトグリーン HDB1001014-LG AI0510 三浦知良選手を夢中にしたエアーシリーズ

その後、要らなくなりました

その後、症状発生から1年ほど経って、状態が良くなると、この座布団はあまり必要ではなくなりました。 骨盤を意識できる気がして良いのですが、反面、今度は腰が反りすぎてしまいがちなのが気になるようになりました。腰の状態がさらに良くなれば、また違った感触に思えるかもしれませんが。

その後、かえって辛くなってきたような・・?

症状発生から2年ほど経つと、いわゆる低反発と言われる感触が苦手になってきました。クッション性のない座面のほうが楽だと感じるようになりました。(かと言って固すぎても困るのですが。) このクッションは弾力性はさほどありませんが、それでも使わないほうが楽かな…。

クッションはまだきれいなので(へたりません)、使わないのはもったいないな~。

以上、人によって感想が違うと思うので責任は持てませんが、参考になれば幸いです。Amazonの商品ページには、「サイズが小さい」等のマイナス評価も少なからずあるので、そちらも併せてご検討ください。

こちらも良さそう?

私は使ったことがないのですが、このページを見た方の中には、こういうクッションを買った方もいらっしゃいます。 私が紹介した上記のクッションに比べると、座るおしりの位置が強制されない点が良いかも?と思ったので、ご紹介します。 (困っているときに、何も情報が無いところから探すより、手掛かりがあったほうが良いだろうと思ってご紹介しているだけで、 オススメしているわけではないので、購入等に当たってはご自身でご判断ください。)


スタイルキーパー ブラック

【追記】体験談が検索できなくなりました

ネットで体験談を読みたいとき、googleで検索しませんか?

ところが、2018年のいわゆる「健康アップデート」によって、googleの検索結果から一般の人が書いた体験談が消えることになりました。

(正確には「消えた」というより、検索順位が軒並み下位に落とされたという状況です。)

嘘の医療情報を排除するためとは言え、実際の患者さんの生の声が見つけられなくなったことは、私はとても残念です。

私のこのページも、検索で見つけることは困難だと思います。(事実なのにな…。)

そんな状況の中、見つけてくださった方、読んでくださった方、ありがとうございます。

同病の方、お互いぼちぼちと、しのいでいきましょう!

【追記】骨盤サポート

この骨盤サポートクッションに、お試しで座ってみたんですが・・・。

腰に重心が集中する感じで「うわーー、無理無理」という感じでした。

もも裏に当たる部分の段差さえなければ良いのかもしれません。座り心地は身体がぴしっと安定する感じで良かったです。

ただ、ももが高くなると、お尻が沈んで、腰に重心が集中するのがダメでした。

(だってほら、前述したように、むしろお尻を上げる感じで座りたいので。)

骨盤は骨盤でサポートしたいので、人によってはこのクッションも良いのかもしれません。(詳しくは製品の説明をご自身でご確認ください。)

(ああ、骨盤の位置も矯正したいし、動きも良くしたいなあ。したいことがたくさんあります。)

スポンサードリンク