福岡アンテナ

福岡生活を楽しめる話題をピックアップ!

腰が悪くて座っているのがつらい方へ 骨盤の姿勢を保つサポートクッションいろいろ

今回は「腰が悪くて椅子に座るのがつらい」という話題です。体験したことのない方にはピンと来ないと思いますが、 これがわかる方にはぜひ聞いていただきたいです。

腰の状態が悪いときは、身の置き所がなくて、立っていても寝転んでいてもつらいんですが、それ以上にイスに座るのががつらいです。

イスに座ると、ぐぐぐーーっ!と圧迫感が腰に集中します。負荷がかかるのを感じます。

特に状態が悪かった頃は(今はずいぶん良くなりました)、健康な人には想像できないかもしれませんが、「座ったときに、腰の位置が定まらなくて辛い」という感覚を体験しました。 そのときに役立ったクッションをご紹介します。なお、使い心地の感想が、身体の状態の変化に合わせて変わっていったので、時系列順に追記しています。

スポンサードリンク

ホールドされたい!

私が腰を悪くしたときは、突然動けなくなった日からリハビリを終了するまで、1年間くらいかかったのですが、その間、腰の状態は日々変化していきました。

今、振り返ってみると、「腰が定まらなくて辛い」と感じたのは、リハビリ期間の半ばくらいです。 それ以前は座るなんてとんでもなかったですし、それ以降は定まらない感覚が薄れていきました。ですから、座ったときの不安定さを感じていたのは、1年間のうちの真ん中あたりの数か月間だったことになります。

腰回りが心もとなくて、「コルセットを使いたい~」と思うくらいでした。 「腰からおしりまで、すっぽりホールドされたら、楽だろうな~」と想像しました。

座った瞬間に「あ!ラクだ!」

その頃に買ったクッションがこれです。


マーナ(MARNA) 骨盤ざぶとん S236P

とにかく座ったときの負荷感を少しでも軽減したくて、座面を斜めにしようと購入しました。(このクッションは、調剤薬局の長椅子に置かれていたのを見て知りました。)

初めて座った瞬間に「あ!これはラクだ!」と感じました。

自分の身体そのものがセンサーみたいな状態のときに、楽だと感じたのですから、私には効果があったのだと思います。

このクッションの使い心地を体験するまでは、漠然と「骨盤全体を包み込んで支えてくれる椅子があったら、座りやすいのになあ」と思いこんでいました。でも、腰回り全体を包み込まなくても大丈夫なんですね。 このクッションと私が触れ合っているのは、おしり部分の平面だけですが、たったそれだけで安定して、上半身まで支えられている感覚が生まれました。びっくり。

ちなみに、このクッションを使い始めるまでは、整形外科で教わった「いすの座面の奥半分に、薄いクッションを敷く」という方法を使っていました。 これはこれで手軽に骨盤を起こせて良かったです。(このクッションならさらに安定感があると思います。) このクッションを買おうか迷うときは、タオルみたいなものを敷いてイスの座面に傾斜をつけて、自分に合うか試してみると良いかもしれません。タオルのほうが傾斜を自由に変えられるので、わざわざクッションを買わなくてもよいかもしれません。

なお、念のために繰り返しますが、このクッションを良いと思ったのは、腰の状態が「座れるくらい良くなった。でも座り続けるのはとても無理。」という頃です。その後さらに良くなると、今度は逆にこのクッションの感触が不快になってきたこともお伝えしておきます。

「ある程度は座れるけど、座ると負担を感じてつらい、腰全体を支えてほしい」そんな人に向いている品じゃないかと思います。 必ず楽になるという保証はできませんが、「ワラにでもすがりたい」という方は、使ってみてはいかがでしょうか。

なお、もっと状態が悪くて「座るなんて無理~」という頃は、下記記事でご紹介した「バランスパッド」のもっちりとした感触が良いと感じました。 リハビリ室でも、患者さん同士で「これ、いいわよね」と皆さんの意見が合いました。 (座ってみると、結構沈み込む感覚があって、圧迫感が腰だけに集中しないように感じました。ただ、使う頻度の割に価格が高いのと、デザインが医療用っぽい点が欠点かと思います。)

▼関連記事 ⇒ 腰に負担のかからない座り方・立ち方とは?/医療用バランスパッド


【AIREXバランスエクササイズ】 バランスパッド・エリート

8度の傾斜が良いのかな?

話は、冒頭の骨盤ざぶとんに戻ります。上記の商品写真をクリックすると、アマゾンの解説ページで読むことができます。

8度の傾斜がポイントみたいですね。もっと起こされたいと感じるのですが、反面、この無理のなさそうな使い心地が良いのかな・・。

(私は、骨盤が寝ている上に、動きも悪いそうです。骨盤の状態が使い心地に影響しているかもしれません。)

福岡情報

ただ、この座布団に座ると、クッションの形に沿って、自然に膝が閉じるんですよね~。でも、膝をぴったり閉じると腰に負担が来るので、少し開いたほうが楽なんです。(少し開くくらいが本来の自然な座り姿勢だと思うんですが、商品解説を読むとわざと閉じさせるように作られていますね。) ただ、お医者さんからは「女の人だから、膝を閉じていいよ」と言われたこともあるから、膝はどちらでもあまり気にしなくてもいいのかな~。

数日後・・

数日、使ってみました。この座布団があるからと言って、長く座れるようになるわけじゃないですね。 ただ、骨盤の向きのキープが自然にできるので、姿勢に気をつけるのが上半身(胸椎・頸椎)だけになり、少し気が楽です。 あと、膝がくっついてしまう件は、“こぶしひとつ分”くらいは余裕があります。脚の細い人ならもっと余裕があるかも(^^;)

長期間使ってみたら、また違う感想があるかもしれません。責任は持てませんので、 購入される方は自己責任でお願いします。

3か月使ってみました

イスに座るときは、この「骨盤ざぶとん」を使うように心がけました。

約3か月使ってみて、「骨盤が立っている状態」に違和感がなくなったなあと感じます。

今までは、イスに座ると、骨盤が倒れている状態が普通だったので・・(そりゃ腰に悪いですね) 整形外科でも幾度となく、骨盤の動きが悪いし、そもそも角度が悪いと指摘されてきたくらいなのですが、 起こすという感覚が生じてきました。“骨盤健康法”的な意味で、手軽で効果的な良い品だなーと思います。

それから、これは余禄みたいなものですが、長時間座った後は、座布団のビーズが偏っていることがあります。 これって、座る姿勢が偏っているせいかしら・・?と、その点も意識するようになりました。

ただ、椅子はしょせん単なる椅子に過ぎず、「座って何をするか」が肝心だと思うようになりました。 例えば、今私は椅子に座ってパソコンを打っていますが、その机の高さとか、パソコンのディスプレイの角度とか、 そういった要素が腰への影響において重要だと感じています。

なお、症状が軽減してきたので、それに伴い、体重が腰に集中するのが気になり始めました。もっと他の座布団も欲しくなってきました。 このあたり(↓)を検討してみようかと思っています。お使いの方、いらっしゃいませんか?



西川産業 [エアーポータブル]クッション/L 5×40×80cm ライトグリーン HDB1001014-LG AI0510 三浦知良選手を夢中にしたエアーシリーズ

その後、要らなくなりました

その後、症状発生から1年ほど経って、状態が良くなると、この座布団はあまり必要ではなくなりました。 骨盤を意識できる気がして良いのですが、反面、今度は腰が反りすぎてしまいがちなのが気になるようになりました。腰の状態がさらに良くなれば、また違った感触に思えるかもしれませんが。

かえって辛くなってきたような・・?

症状発生から2年ほど経つと、いわゆる低反発と言われる感触が苦手になってきました。クッション性のない座面のほうが楽だと感じるようになりました。(かと言って固すぎても困るのですが。) このクッションは弾力性はさほどありませんが、それでも使わないほうが楽かな…。

クッションはまだきれいなので(へたりません)、使わないのはもったいないな~。

以上、人によって感想が違うと思うので責任は持てませんが、参考になれば幸いです。Amazonの商品ページには、「小さい」等のマイナス評価も少なからずあるので、そちらも併せてご検討ください。

【追記】こちらも良さそう?

私は使ったことがないのですが、このページを見た方の中には、こういうクッションを買った方もいらっしゃいます。 私が紹介した上記のクッションに比べると、座るおしりの位置が強制されない点が良いかも?と思ったので、ご紹介します。 (困っているときに、何も情報が無いところから探すより、手掛かりがあったほうが良いだろうと思ってご紹介しています。 決してオススメしているわけではないので、購入等に当たってはご自身でご判断ください。)


スタイルキーパー ブラック

スポンサードリンク